廃人がマンダで頑張るとこ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【All Generation’s Party】 10パートナーズルール 2戦目

注意! 

最近ポケモンモチベが高くてポケモン以外のやる気が出ない。

 

出来ればお久しぶりになりたくないサイバードです。大会の2戦目になります。

ここ書き始めてる時点で既に前回からだいぶ間が空いてるわけなんですが今回もちゃんと最後まで書けますかねぇ。春休みが終わり本格的な学校生活の中今日も元気にやってくぞ(✽´ཫ`✽)

 

 

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161231171139g:plainf:id:saibard:20161231171205g:plain

 

 

  f:id:saibard:20161029103757g:plain f:id:saibard:20170308184054g:plain f:id:saibard:20170308184134g:plain f:id:saibard:20170308184250g:plain f:id:saibard:20161029104053g:plain

 

 

2戦目 vsニコショポケさん

f:id:saibard:20161029103321g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161231171502g:plainf:id:saibard:20161103131212g:plainf:id:saibard:20170416122908g:plain

 

f:id:saibard:20170416122956g:plainf:id:saibard:20161103142926g:plainf:id:saibard:20170322144022g:plainf:id:saibard:20170308184134g:plainf:id:saibard:20170308184054g:plain

 

 

リベンジじゃオラアアア⁽⁽(ી₍₍⁽⁽(ી⁽⁽(ી₍₍⁽⁽(ી( ˆoˆ )ʃ)₎₎⁾⁾ʃ)₎₎ʃ)₎₎⁾⁾ʃ)₎₎

 

突然の僕のバーサークモードに何がなにやらわからない人もいるかもしれませんが詳しくは前回の1戦目の大会記事をご覧ください。

という訳で3度目の正直3度目の掃除機今回こそは勝つぞー٩(。•ω•。)و

 ニコショポケさんのパーティはカバリザゲッコの並びとそれの相性保管って印象。また対面性能が高いポケモンもおり幅広く戦えるような気がします。

非情に並びがきれいなパートナーズなので基本的に特定の並びを意識して考察していきたいと思います。

 

考察

 

 前述のとおり並びがきれいなので一番採食考えるべきなのはメガ枠だと思います。カバリザゲッコとかゲンガマリガッサとかメガ枠をベースにした組み合わせがいくつもあるので構築の基準になりやすいと思います。二コショポケさんのメガ枠はゲンガーとリザードンですがほぼほぼリザードンで来ると思います。ゲンガーはバンドリにほぼ勝てず、テッカグヤガルドにタイマンから負ける、テテフのスカーフで死ぬ、コケコと同側勝負しないといけない、そもそもマンマンリザに強くないなどを考慮するとヤドラン以外に強くないと思います。そのヤドランにもゴースト技を耐えられて返しのエスパー技で死ぬのでゲンガーはほぼ切っていいと思います。

リザードンはこちらのPT全体とそこそこ打ちあえてリザYに先にメガれれば天候の取り合いもできてかなり刺さってると思います。実際こちらからリザに有利と言えるポケモンバンギマンダくらいですしかなり厄介です。

リザードンを確定させたところで気になるのはカバリザゲッコの並び。ここまでさんざん並び並び言ってきましたが僕は普段10パの考察に並びを考慮しないタイプです。基本的に刺さってるポケモンと刺さっていないポケモンを分けて選出から切っていくタイプなので例えばサザンガルドマリバナの並びがあってサザンガルドマリが刺さっているから刺さってないけどバナも来るだろうという読みは基本的にはしないタイプです。

ただ二コショポケさんのカバリザゲッコは来るという確信があります。まあこちらに刺さっているというのも一つなのですがこの並びは二コショポケさんが普段から使ってる並びでかなり使い慣れています。ぶっちゃけ二コショポケさんが霊獣ボルトロスとかキノガッサとかを使ってる印象があまりありません。10パートナーズルールで使い慣れているというアドバンテージはかなり大きいと思います。ダメージ感覚とか回し方とか苦手なポケモンとかを最初から把握しているのは1発勝負の大会の舞台ではかなり重要になってきます。なので今回はカバリザゲッコで来るんじゃないかなあと思っています。外れてたら静かにDSを閉じて布団に包まります。

とまあ願望8割の人読みは置いておいて考察に戻ります。カバリザゲッコの構成についてなのですがリザードンはYだとこちらのPTの軸になりそうなマンダに勝てないので(まあ向こうも僕がマンダ軸で来ることは知ってるでしょうし)おそらくカバルドンとも相性がいいXだと思います。ヤドランにソラビがうてて砂と天候の取り合いができるYも考えましたがバンドリ以外には舞えれば全抜きが狙えてコケコ耐性のあるXの方が優先されると思います。実際テッカグヤマリルリガッサに睨まれててバンドリ出す気になれないんでなおさらXだと思います。

カバはリザのサポートもできるステロあくびだと思います。リザYのソラビを耐えられてマンムー対面も仕事ができるオボンHDのような気がします。

で、ゲッコウガなんですが僕はほぼ間違いなくスカーフだと思います。まず大前提としてこちらのPTはゲッコウガブッ刺さってます。明確に勝てるポケモンがいません。なのでこちらはゲッコウガに基本有利なコケコとかスカーフテテフとかリザードンXとかを連れて行きたいわけです。それらをスカーフゲッコウガで吹っ飛ばして裏通して†easy win†されそうです。スカーフゲッコにすれば舞ったマンダを上から飛ばしたりバンドリの並びを上からけたぐりで崩したりできるので実際スカーフゲッコやばいですブッ刺さってます。(考察時間の半分くらいが「スカーフゲッコやべえよ…やべえよ・・の時間だった)マンダマンムーとか弱点が一貫しない並びで受けまわすって考えもありますがゲッコウガがスカーフじゃなくて襷とかだったら対戦ありがとうございましたなので今回こちらは先に展開することを意識したいと思います。

まあそこら辺は後で話すとして、残りのポケモンも考察したいと思います。

まずカプテテフは前回と同じ理由で切り気味、こっちに対して一貫した技を通すことが出来ませんしスカーフ以外はメガ枠に上から処理されます。

ガッサもほぼ切り、マンダマンムーに勝てない、コケコに胞子無効化される、ガルドカグヤに打点ない、その他からも上から叩かれて腐りそうなので切ってます。

レボルトとマリルリは微妙。レボルトはバンドリにあまり強くなくてリザXの起点でしかないので最初は来ないかなーと思っていたのですが格闘Zを採用すればマンダマンムーバンドリの並びにも出せますしコケコカグヤあたりにはタイマンから強いので来ないとは言い切れないです。マリルリバンドリに強いんですがバンドリはカグヤやカバあたりが明確に強いですし(カバ辛すぎて電磁浮遊身代わりドリュぶっ刺したろうかなと思ったレベル)こっちのポケモンにボカスカ上から叩かれて腐るかなーと思ったんですがチョッキとか持てばタイマン性能ありますしカバのステロ展開からだと腹太鼓マリルリの可能性あるなあとか考えると切れませんでした。

テッカグヤはまあほぼ来るでしょうねえマンダマンムバンドリにくッそ強い駒ですしリザコケコ以外に有利です。来ないと楽なんですけどまあ来るでしょうねえ(´・ω・`)ミミッキュはわかりません(^q^)ばけの皮のおかげで腐りにくいんですが別に刺さってるわけでもないですし型破りドリュにボコられるのでうーんって感じですね(-ω-;)来るなら鬼火とかでいやがらせしてくる感じですかね。ここに関しては前回と同じです。

 

こんな感じです。基本的にリザXスカーフゲッコカバカグヤ‘@1+自由枠って並びしか来ないと思います。ぶっちゃけスカーフゲッコだけでぼこぼこにされそうです ( ・ω・)っ≡つ ババババ

 

以上を踏まえてこちらが連れていくPTはこちら

 

f:id:saibard:20170117214639g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20170327095828g:plain

   f:id:saibard:20170308184250g:plain f:id:saibard:20170308184054g:plain f:id:saibard:20161117054159g:plain

 

パーティ紹介

 

ボーマンダ@石 ASベース 恩返し 炎の牙 龍の舞 羽休め 

 

ゲッコカグヤカバボルトあたりを選出誘導するための枠。何で選出誘導枠を一番最初に紹介するかは聞かないでね。まあテテフはスカーフじゃないと読んでますしミミッキュマリに対してはリザより高打点とれるから場合によっては出すかもしれないけどあんまり出さないつもり。なんかいるだけで安心するからとりあえず入れてる感は否めない

 

マンムー@チョッキ ADベース つらら針 氷の礫 岩石封じ 地震

 

選出誘導枠その2。万が一マンダ軸で行くことになった場合ボルトに対して投げられるようにADチョッキ。がんぷうはミミッキュに対してがんぷう地震礫で処理するためとリザの起点回避。この子もあんまり出す気はない。基本的にマンダマンムーで誘って裏を通すのが今回のコンセプト。

 

リザードン@X石 ASベース 逆鱗 ニトロチャージ 雷パンチ 剣の舞

 

マンダマンムーが誘う相手に対して基本強いメガ枠。この子含めた3体のいずれかを自由枠のサポートから通すことが今回の勝ち筋。コケコとリザはカバが重めなのでいかに初手対面でカバを削るかが重要になってきそう。あと羽休めないリザードンは不安で死にそうになる。羽休め禁断症状でちゃう。ハネヤスメハネヤスメハネヤスメウワアアアアアアアアア▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

 

カプコケコ@フェアリーZ HCベース10万ボルト マジカルシャイン 瞑想 高速移動 

 

相手のカバリザに対して先に展開する地雷要員その2。ステロ+Zマジシャでボルト確定。ステロと合わせればカバリザゲッコを崩せる。高速移動はスカーフゲッコを上から処理するため。ステロが入ったフレドラがないリザードン対面ならリザXになったタイミングで高速移動積んでフェアリーZとかで処理もできる。瞑想は偶発的にボルト対面

ができたときに突破力を上げるため。自由枠次第では選出に絡んでくるかも。

 

テッカグヤ@ラム DSベース ヘビーボンバー ストーンエッジ 草結び ボディパージ 

 

多分一番の地雷枠のうっかりやDSテッカグヤ。自由枠から展開ののちカバルドン対面でラムを盾にボディパを積んで裏を通す枠。ステロ+エッジでリザボルト確定。草結びでカバ確2。ゲンガー対面で鬼火をラムですかしてヘビボンで確2。D振ってるのでゲッコウガ対面も勝てる。マリルリにも打ちあえる。テテフミミッキュガッサにも有利。実はブッ刺さってるポケモン。Dは臆病ボルトの10万をこっち有利な乱数で耐えたりするのでボルト対面で無理やり積んだりできる。テッカグヤに対してだけ打点がないので裏はコケコリザとカグヤに対して厚めなポケモンを準備している。できればこの子で全抜きしたい。

 

ラグラージ@オボン HBベース 波乗り 岩石封じ あくび ステルスロック 

 

ボルトにもゲッコウガにもマリルリにも仕事ができてカバに打点あって起点作成ができるポケモンを探したらこの子になった。仕事多すぎて禿げる。波乗りはカバへの打点。がんぷうはボルトに対してとゲッコウガ対面で打って裏で上をとれるようにしたかったため。ゲッコウガは草結びないと踏んでるのでゲッコウガ対面は基本居座る予定。リザのストッパーにもなるので丁寧に扱っていきたい。

 

以上のパーティです。カバリザとかスカーフゲッコとか考えると先にこっちから詰めに行く展開に持っていけないと負けると思ったため今回は割とせめっけが強い構築になりました。基本選出はラグ+リザ+テッカグヤです。いかにしてカバを削るかと相手の展開を阻止するかあと相手の自由枠、ここら辺が勝負の鍵になってくると思います。ちなみにここまでいろいろ考えて選出間違ってたら僕はDSを閉じて二コショポケさんの家を燃やしに行きたいと(自主規制)

 

 

 当日のニコショポケさんのパーティはこちら

f:id:saibard:20170416122908g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161231171205g:plain

 

f:id:saibard:20170308184054g:plainf:id:saibard:20161231171502g:plainf:id:saibard:20161029103321g:plain

 

うん、当たってるけど不正解って感じ(✽´ཫ`✽)

カバリザで来たのはまぁよし、テッカグヤもいるのはオッケー、ゲンガーは正直予想外だけど基本選出のラムテッカグヤリザードンXで起点に出来るからまぁ問題なし。マリルリもリザが雷パンあるしカグヤコケコが基本強いからまぁまぁ。でもそこのモグラお前はダメだ(´๑•_•๑)

カバドリは正直全く想定してなかった。今回テッカグヤがドリに打点ないからまずいかも。

ただ向こう視点から見るとマンダには対面から威嚇撒かれて地震で死亡(地震無いけど襷やゴツメマンムーに1回耐えられて地震で死亡(ゴツメでも襷でもないけど)リザYに天候取られて上から炎技で死亡(リザXだけど)テッカグヤには雪崩耐えられて返しの攻撃で死亡(こっち打点ないけど)ラグには地面Z耐えられて地震で死亡(地震ないけど) という感じでコケコ以外には負ける可能性があるのでカバドリ選出はしにくいのではないかと予想します。(こっち視点見たら爆笑のものだけど)

なので相手の選出はカバリザ軸だとおもいます。カバはドリともリザとも組めるステロ欠伸型だと思うので 当初の予定通りラグでカバを削るルートを取りたいと思います。裏にはカバドリに一応耐性があってラグステロから全抜きが狙えるテッカグヤまでは確定。ラス一は当初の予定ではリザだったのですがラグリザテッカグヤだとラグが削られた瞬間ステロ剣舞ドリュが止まらないので威嚇で砂をごまかせてリザにも弱くないマンダで行きます。炎技があるのでテッカグヤとも殴り合えますし削ったマリカバも上から飛ばせて何よりマリルリのアクジェの一貫を切れます。先発はラグから入って出来るだけカバを削って後続に託すようにします。

 

 1ターン目:こちらの初手はラグラージ。相手の初手はドリュウズ・・・ドリュウズ?あ、でも型破りじゃない。偽装ってわけでもないのかな。こっちの初手のコケコを呼んだにしてもこのドリュ初手はなんか違和感ありますね。偽装兼カバドリでも動けるようにステロ剣舞地震雪崩@襷とかの可能性もありますね。なんにせよこちらは裏のリザを意識してステロブン投げから。ドリュウズステルスロック。襷かな?こちらもステロで返す。

2ターン目:ラグ対面で強気にステロ打ってきたので襷だと思います。カバではなかったもののステロ展開から入ってきたあたり裏にはマリルリリザあたりはいそうですね。こちらとしてはドリュウズは削っておきたいので波乗りから、仮にマリルリに引かれてもあくびから入ってラム太鼓だったとしてもマリルリでストップ。リザ投げにも一応ケアが効いています。ドリュウズは毒毒。剣舞はなさそうかな?こちらは波乗りでドリュウズを赤まで削る。

3ターン目:このターンの行動はちょっと悩みどころ。波乗りでドリュをさっさと処理しちゃうのもいいんですがステロを展開してドリュをテッカグヤの圏内まで押し込んだのでここでラグを切ってテッカグヤで積み入った方がにいいのかもしれません。裏にカバルドンがいてもラムを食いながら草結び2回で処理。リザもステロ+エッジで確定。残りとも積んじゃえば打ちあえるのでここはあくびでラグ切りからテッカグヤを展開しに行きます。ドリュウズ地震。ラグは6割程度のこして耐える。ドリュにあくびが入る。

4ターン目:ここはテッカグヤバック。切ってくるなら地震でしょうし引いてきてもリザ以外とは有利対面ですしリザはステロ+ラグの攻撃で落ちちゃいますしあくび連打でもステロダメがかさんで辛いはずなので投げられないと思います。ドリュウズは交代。出てきたのはマリルリ。こちらはテッカグヤにバック。お互いにステロダメが入ります

5ターン目:滅茶苦茶ボディパ積みたかったが打点ないとみて太鼓積まれたらラグきってマンダ投げる展開になってそこでドリュを切られてカバでマリルリを再展開されると対戦ありがとうございましたなのでここはヘビボン。ダメ系したらマリルリが叩けなくなるくらいのダメージは入るので問題ないと思う。マリルリは引っ込んでドリュウズバック。ヘビボンでドリュウズが落ちる。

6ターン目:死にだしから出てきたのはゲンガー・・・・ゲンガー!?絶対にリザードンんだと思ってたので以外すぎてなんかもうあれでした。(それ)ここはボディパージ

仮に鬼火打たれてもラムで1回回復してヘビボン+鬼火入ったヘビボンでゲンガーを処理できてその後マリルリに叩かれてもマンダでストップできる。シャドーボールは2回耐えるはずなので安定行動。ゲンガーはメガ進化してシャドーボール。ダメージからCSであることが判明。

7ターン目:次のシャドボは耐えなさそうだが耐久に薄いゲンガーはステロ+ヘビボンで飛ばせることはダメ計済みなのでここはヘビーボンバー。ヘビボンが通ってゲンガー突破。ビーストブーストでAが上がる。

8ターン目マリルリが出てくる。最高打点のヘビボンで殴る。仮にここでテッカグヤが落ちてもラグで削ってマンダの攻撃で処理できるので他瓶大丈夫なはず。ヘビーボンバーでマリルリが落ちて勝利。

 

 

ということで無事勝てました✌✌(➲ ᗜ ➲)✌✌

自由枠は想定外でしたが事前に考えていたラグ起点の展開うまく通せたのがでかかったですね。選出に関してもアレで良かったと思います。相手も起点作成から先に展開するパーティだったので威嚇で誤魔化しが聞くマンダの選定はま良かったんじゃないかなと思います。僕としても出来るだけマンダは多く出してきいたいですし。

 

そういえば最近自分の記事見直してきたく見たんですけどなんかどれもこれもテンションが謎で毎回「なんだこいつ?」ってなりました。自分でもそう思うくらいなんだから皆さんから見たらさぞ変な人に見えてるんでしょうね(;▽;) 

基本的にその日の気分だったりノリで書いてるので同じ記事でも書く日が違ったら書き方全然違ったりしますね、気分屋なので許してください。

まぁこんな文章力も無くて構築力も無くて別にポケモン強いわけでもない僕の記事をここまで読んでくれてる方は多少変でも許してくれる...よね?まぁそこら辺はおいおい治せれば治す感じで。

ところでこの記事書いてたら10パートナーズやりたい欲求がまたフツフツと湧いてきたので誰かGW辺りに主催しません???

まぁそんなことは置いておいて次回はクロネコさん戦です。レートも僕より高くて明らかに格上の方なので一体どうなるやらって感じです。

最近はレートも忙しくて学校も忙しくてやることいっぱいあって死にそうになってる今日この頃ですが次回もまたお付き合いいただけると嬉しいです。では失礼します

ヾ(*'0'*)マ!!ヾ(*'O'*)タ!!ヾ(*'。'*)ネ!!

 

 

 

 

 

 

 

本日のやらかしのコーナー

 

試合前某枠にてニコショポケさんと同じ枠にいたときの僕の発言

 

「〇〇〇さん(その枠の枠主さんの名前)今ラグラージ育成したんですけどNN考えてもらっていいです?」

 

二コショポケさん (★_★)キラ~~~~ン

 

ワイ ( ゚д゚)ハッ!

 

ワイ「・・・・・・・・」

 

 

ワイ「にこにこさん俺自由枠ラグラージで行くかんなあ!!!ゴゴゴ(^言^)ゴゴゴ(全力振り切れおじさん)」

 

 

 

 

 

 

。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

 

 

 

 

【ポケモンSM】 時空歪めちゃった系マンダマンムー

 

新生活で白目になってますどうもサイバードです。久しぶりの構築記事です。最近書いてなくて久しぶりに書きたくなったので(あと現実逃避)ここ最近で手応えがあったパーティを構築記事として書きたいと思います。

 

今回のパーティは

 

 

 

 

 

f:id:saibard:20170406164646p:plain

 

これを

 

 

f:id:saibard:20170406164711p:plain

 

こうして

 

 

f:id:saibard:20170406164722p:plain

 

 こうやって

 

 

f:id:saibard:20170406164732p:plain

 

こうなります。

 

まぁなんてわかりやすいんでしょう(白目)

お絵かき難しいなあ(´・ω・`)

 

 おふざけはこれくらいにして具体的なパーティ紹介に行きます。

 

パーティ紹介

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plain  f:id:saibard:20161029103757g:plain

 f:id:saibard:20170406165908g:plain  f:id:saibard:20161029104026g:plain  f:id:saibard:20170406165803g:plain

 

 

ロトム君めっちゃ動くやん

 

 

ボーマンダ@石  性格:意地っ張り

実数値(努力値):メガ前 171(4)-205(252)-100-×-100-152(252)

                         メガ後 171(4)-216-(252)-150-×-110-172(252)

技構成 捨て身タックル 地震 龍の舞 羽休め

 

普通のASボーマンダ。適当に使っても強い。このパーティはマンダマンムーを見せて誘う受けポケを裏を崩すというのが基本戦術なので選出率は低めの予定だったのに滅茶苦茶だした。ただ他のマンダ軸に比べれば出してないのでまぁコンセプト通りと言え無くもない気がした(

単純に性能が高く現環境においてもかなり刺さってる印象があるので普通にマンダマンムー出しちゃって勝てる試合も結構あった。地震はパーティ単位で若干重めのガルドドランへの打点、羽はサイクル下で負担を減らすのとランドみたいな不一致岩技しかない打点のないポケモンを起点にするためと一応のマンムーとのシナジー

 

マンムー@珠 性格:意地っ張り

実数値(努力値):189(28)-191(188)-101(4)-×-102(172)-115(116)

技構成:氷柱針 氷の礫 毒毒 地震

 

orasからずっと使ってるADマンムー。氷柱ばりいっぱい当ててくれるいい子。ガブガルドをそれぞれ礫地震で大体1発で飛ばしてくれてラスカ以外のテッカグヤと氷柱ばりで打ち合うことも出来る。ポリ2対面もDLでAが上がるので毒打って裏に逃げるとかもできる。トラアタ火傷は勘弁して。

 

・ヤドラン@石 性格:図太い

実数値(努力値): メガ前 201(244)-×-178(252)-120-102(12)-50

                          メガ後 201(244)-×-255(252)-150-102(12)-50

 技構成 熱湯 冷凍ビームトリックルーム 怠ける

 

 個人的にマンダと相性がいいと思っているメガ枠、割と見た目が好き。メガ進化するとH振りとB補正だけでガブの地震を3耐えしてCもラティオスと同じという化け物。基本的に先発にアタッカーを投げて疲弊してきたら裏のヤドランに引いてトリル展開してまたアタッカーを通すというポリクチみたいな使い方をする。ヤドラン自体もメガ進化するとかなり火力があるので有利対面からトリルをして裏の不利なポケモンを飛ばしたりとかもできてかなり便利なポケモン。冷凍ビームの枠はナット意識の大文字とかでもよかったかなとは思うがマンダ使いは相手のマンダが重いの法則により(僕だけ)切ることが出来なかった。みんなはもっと考えて選ぶんだよ(´・ω・`)

 

ヒートロトム@残飯 性格:臆病

実数値(努力値):157(252)-×-127-125-132(36)-147(220)

技構成:放電 オーバーヒート 毒毒 身代わり

 

マンダマンムーが誘うナットレイテッカグヤを起点にする電子レンジ。マンマンがつらいポケモンは大体こいつが強いためマンダマンムー軸で出す場合は大体裏はこの子だった。ポリクチやゲッコウガにある程度ごまかしがきき有利対面から確実にアドが取れるいいポケモンだった。現環境のロトム種族値不足により数値受けができず若干つらい印象があったがその中では割と信頼できる型だったと思う。毒は環境に合わせて鬼火にしてもいいかも。

 

ニンフィア@眼鏡 性格:控えめ

実数値(努力値):191(164)-×-98(100)-165(160)-151(4)-90(80) (めざ炎個体)

技構成:ハイパーボイス シャドーボール 目覚めるパワー炎 破壊光線

 

完全にテテフに居場所とられた感あるけどまだ全然強いんやで(´・ω・`)

トリルからスキン眼鏡ハイボの火力を押しつける子。7世代に入ってスキンの弱体化のあおりを受けたがそれでも破壊力は素晴らしく、有利対面を作れば安易にタイプ受けしにきた相手に2確取れたりする。この子はCを削ってしまっているが特化すればH振りポリ2に対して2確取れたりするのでCは特化にした方がよかったかもしれない。ニンフィアは現環境のメガ枠と相性があんまりよくないので今後メガバシャやメガヘラやメガチルあたりが解禁されればニンフィアの需要が増えるかもしれない(テテフはメガバシャ抜けないから)

 

ナットレイ@鉢巻 性格:意地っ張り

実数値(努力値):181(252)-160(252)-×-152(4)-136-22

技構成:ジャイロボール パワーウィップ 種マシンガン はたき落とす

 

完全なヤットレイ。トリル下で威力150一致技を鉢巻でブッパする。弱いわけがないのだ! その火力はすさまじく無ふりガブが高乱数で吹っ飛ぶ。ナットレイ自体が現環境に刺さってる気がするので有利対面から後続にガッツリ負荷かけられる鉢巻ナットは普通に強いと思う。種マシンガンの枠は爆発とかステロとか宿り木とか地ならしとかそこらへんトノ選択な気がするがレヒレ対面とかで安定で打てる種マシンガンが個人的には好き。

 

基本選出はヤドラン+トリルエース@1かマンダマンムー@1

ヤドラン軸の場合は基本的に初手にトリルエースブン投げて荒らしてヤドランに回す。

マンダマンムー軸は素直にマンダマンムーで回して辛い所を3体目でケアする(大体ロトム

最近多いグロスコケコランドや天候パにはかなり強くそれ以外のスタンパにも高火力によりこっち有利のサイクルを作れることが多かったのでかなり使いやすかった。

 

辛いポケモン

リザードン Yならヒトムマンダで処理できるけどXだとヤドランが勝てるか怪しくてマンダも負ける可能性がある。トリル展開からニンフかマンムーを通さないときつい。

ゲッコウガ マンダマンムーの天敵。ナットレイで対面を作るかトリル展開して上から叩くしかない。

・こだわってないテテフ トリル軸で出した場合ナットレイが気合い玉とかめざ炎で吹っ飛ぶとお通夜。

ウルガモス マンダに打点があるやつに舞われるときつい、トリルでごまかす感じになる

ドリュウズ ヤドランがドリル当たって裏ニンフロトムで死んだ

☝( ; ω ; )☝ さまぁうぃいいいいいいいいいいいいいいい↑↑

 

 

あんまり抵抗なくレート1800周辺にまで行けたので弱い構築ではないと思います。ただテッカグヤを見るとロトムの選出を強制されたりナットレイが事故死したときのケアが効かなかったりパルシェンに怯まされたりと改善点が結構ある構築だったのでもっと練り直せばよりいい構築になるんじゃないかなと思います。

 

まあこんな感じで久しぶりの構築記事でしたがいかがだったでしょうか。またよさそうな構築ができたら記事として書きたいと思うのでその時はまた見ていただけると嬉しいです。では失礼します。'٩(๑˃́ꇴ˂̀๑)バイバイ( * ́꒳`*)੭))  

 

 

 

 

最近僕のガチパにアグノムが入ってきたんですがこれもう完全にあ〇ゅさんになりつつあるんですがどうしたらいいですかね?今日から私もアグノム厨になろうかしら

 

 

 

 

顔でっか

 

 

 

【All Generation’s Party】 10パートナーズルール 1戦目

注意!

シーズン2お疲れ様だお(^ω^)

 

 

 

 

シーズン2お疲れ様でした(2回目)サイバードです。前回からだいぶ遅れてしまいましたが今回から大会の構築記事を書いていきたいと思います。どーせまた長くなると思うんで気長によろしくお願いしまふ。一応前回よりは長くならない・・・つもりですはい

まあ余り更新速度については期待しないでください(^▽^;) 

とまあそんな感じで不安いっぱいのまま考察へゴー三(卍o^)卍ドゥルルルル

 

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161231171139g:plainf:id:saibard:20161231171205g:plain

 

f:id:saibard:20161029103757g:plain f:id:saibard:20170308184054g:plain f:id:saibard:20170308184134g:plain  f:id:saibard:20170308184250g:plain f:id:saibard:20161029104053g:plain

 

↑この大会で使用する僕のPT。選定理由などは前回の記事をご覧ください

 

 

1戦目 vs山口さん

 

f:id:saibard:20161102143208g:plainf:id:saibard:20170204175826g:plainf:id:saibard:20161117054348g:plainf:id:saibard:20161022085804g:plainf:id:saibard:20161022090136g:plain

 

f:id:saibard:20170119022036g:plain f:id:saibard:20161029104053g:plain f:id:saibard:20170322144022g:plain  f:id:saibard:20170308184134g:plain f:id:saibard:20170308184054g:plain

 

 

お久しぶりですね山口さん(吐血)_:(´ཀ`」 ∠):

 

はい、初戦は前回の大会でも戦った山口さんです。ガルーラ軸を中心に様々な構築を使いこなす強者の方です。

前回はこちらの軸をうまく通せて勝てましたが今回もそううまくいくとは限りません。しっかりと対策を練っていきたいと思います。

 

・考察

 

まず一番最初に警戒するべきなのはガブガルの軸。山口さんは前回の大会でもガブガルの並びを採用しており、特にガルーラは今作親子愛の修正により大幅な弱体化を受けたにも関わらずパートナーズに採用してきたということはガルーラにかなりの信頼を置いていると言えます。また、山口さんのPTはメガ枠がガルーラしかいないため自由枠からメガ枠を採用してこない限りガルーラ軸で来ることはほぼ確定だと思います。ガブリアスは山口さんのPTで全体的に重めなリザードンのケアで型はリザードンストッパーになる襷ステロか最速スカーフのどちらかだと思います。ただこちらはフェアリー2体に鋼3体にヤドランマンムーとこだわっているガブはかなり立ち回りにくそうに思うので7:3くらいで襷だと予想しています。

 ガルガブを軸で組んだ場合重くなるのはこちらのボーマンダテッカグヤヤドランあたり。この3体に強くガルガブとの相性も良く、電磁波でメガリザードンを足止めできるボルトロスはまあ来るかなあと思います。見せ合いにおいておくだけで圧力になりますし何より腐りにくいポケモンなので6体の中には入っていると思います。ただバンドリマンムーには基本的に弱いので気合い玉採用の3ウェポンとかで来ると予想しています。

ここまでで地面Zドリュウズがかなり刺さっているのでバンドリマンダに一方的に強いテッカグヤも可能性は高いと思います。こちらのPTに全体的に刺さっていて処理ルートが限られているのでかなり厄介です。

 

とまあここら辺までは順当に決まっていったのですが残りの枠に何が来るかいまいちピンと来なかったのでとりあえずこなさそうなポケモンから順番に切っていきたいと思います。

 

まずバシャーモ、こいつは絶対に来ません。こちらのヤドランで完全にストップしてしまう上にバンドリに先に展開されると上から処理される、マンダにはめざ氷ないと勝てない、襷で止まる、マンダテテフあたりに守るのタイミングで身代わりを貼られるとそのままゲームが終了するなど不安要素が多く腐りやすいと思います。もし来るとしたら

壁からのバトン構築とかなんですがこれに関しては多分来ないんではないかと予想しています。人読みになりますが山口さんはギミック入りの構築をあまり使う印象がなく、対面気味の構築からパーティの誰かでこちらの並びを崩して裏のポケモンを通すみたいなパーティを使う印象があります。前回で言うところの眼鏡ニンフィア(記憶曖昧だけど確か眼鏡だった気がする)+毒身がボルト+ガルーラですね。ガルーラで崩せない物理受けをニンフとボルトで崩してガルーラを通すみたいな構築だったのでその傾向が強いのかなと思いました。

 なので、今回の山口さんのパーティはガルガブ軸の対面構築になると思います。まぁそれが予想できたところで選出絞れないんですけどね、山口さんのポケモン全員対面性能高いですし\(^o^)/なので地道に選出絞っていくしかないですね。

次にこなさそうなのはカプテテフ、こちらに鋼が3体もいてそれぞれに一貫を取れる構成は不可能でバンドリに一方的に負けます。スカーフを持たないとマンダリザにも勝てないという事ともあって 対策は若干薄めです。

そして最後にギルガルド、この子はバンドリにほぼ完封の勢いで弱いですし刺さっているリザードンマンムーにも弱い、ヤドランテテフに対しては強いですがその2体はガルドで対策するよりほかで対策した方がまるいと予想しているため切り気味です。

 

残りのポケモン関してはどれが出てきてもおかしくないと思います。全体的に刺さりがよくバンドリマンダに対しても強いスイクン、特性により行動保証されていてストッパにもなれるミミッキュ、カスタマイズ次第でこちらのPTを崩せるウルガモス。どれも来る可能性があります。なのでこの3体に関してはどれが来ても詰まないような構築を組んでいきたいと思います。

ただ、この中で一番来る可能性が高いのはウルガモスだと思います。というのも前回の大会でも山口さんはウルガモスを採用していたのですが、その時の試合の感想戦

「めざ岩ウルガモスこっちに滅茶苦茶刺さってるんで警戒してたんですよー(へらへら)」

 とか言っちゃったんですよズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!ン! なーにやってだ

 

今回の僕のパートナーズも前回と軸は余り変わっていないのでめざ岩ガモス来るんじゃないかなあ(((;゚Д゚)))ガクブル まあ今回はバンドリを採用しているのでバンギのステロからのドリュ展開とかを警戒してるなら来ないかもしれませんが警戒はしておきます

 

・使用PT

あ長々と考察してきたわけですが以上のことを踏まえたうえで僕が使用するPTはこちら。

f:id:saibard:20161020134408g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20170327095828g:plain

   f:id:saibard:20170308184134g:plain  f:id:saibard:20170308184054g:plain f:id:saibard:20161029103702g:plain

 

 

トレーナーズカードジェネレーターさんなんていなかった

 

ボーマンダ@石 ASベース 恩返し 炎の牙 岩石封じ 羽休め 

 

ガブガルウルガテッカグヤに対して一貫しているため採用。テッカグヤに対しては削って炎の圏内に入れられればそのまま全抜きまで狙える。ボルトに対してはあまり強くないがそこは並びを見ながら裏メガのリザとどちらを通すかを決める。がんぷうは対面襷ガモスに対して蝶舞めざパで処理されないように採用。

 

マンムー@球 ADベース つららばり 氷の礫 馬鹿力 地震

 

主にボルトガブの処理要員。球を持つことで礫でガブを確定、馬鹿力で大体のガルーラを確定、地震でウルガガルドが確定、スイクンテッカグヤにもいい打点が入る。僕のパートナーズの関係で相手のガルーラは猫だましを持てないと思うのでガルーラ対面は強気に馬鹿力を押すようにする。

 

リザードン@石X HSベース ドラゴンクロー ニトロチャージ 鬼火 羽休め

 

リザードン自体が基本的に刺さっているのであと投げされるガブリアスに対して一番負荷をかけられる鬼羽リザードン。最速にしているのでガルーラにも基本勝てる。マンダとどちらを出すかは相手の並び次第。

 

カプテテフ@エスパーZ CSベース サイコキネシス サイコショック ムーンフォース 10万ボルト

 

対面性能が高いエスパーZテテフ。ガルドを薄めに見ているので全体的に刺さりがよい。おそらく相手のガルーラはバンドリ意識で耐久に厚いと思うので、ガルーラ対面は強気にZを押していくつもり。こんな感じでガルーラはPT全体で処理ルートを作っていって対策をしていく。10万はテッカグヤに、ショックはガモスを吹き飛ばすためと瞑想スイクンと打ちあうために採用。

 

テッカグヤ@襷 CSベース ラスターカノン エアスラッシュ 火炎放射 草結び 

 

基本的にカグヤの技範囲が刺さっていてミミッキュには無ふりでも基本的に勝てるためCSブッパでバシャウルガに対してもストッパーとして出していけるため襷で採用。耐久に振っていないのでガブガルに対して弱くなったがそこはマンムーやテテフで見ているため役割を分けた。草結びの枠は試合1分まで岩石封じのつもりだったのだが試合直前で技マシンを起動して岩石封じを覚えないことを知って慌ててスイクン意識で突っ込んだ。マジで戦慄した。

 

ロトム@オボン HBベース 10万ボルト ハイドロポンプ ボルトチェンジ 鬼火

 

自由枠。 マンマン軸で出すときどうしても重くなるテッカグヤを主に意識して採用。ガブガルスイクンあたりにそこまで弱くなく、全体的に仕事ができそう。ボルチェンは有利対面から回すため、10万はスイクンや身代わりテッカグヤと打ちあうときに、ドロポンはガブガモスの打点に、鬼火はガブガルに対して刺して裏への負担を軽くするため採用。ウルガをストップするために電磁波を入れるかかなり悩んだがガブと打ちあうことを考えるとどうしてもドロポンが切れなかったためこういう構成になりました。

 

初戦はこのPTで行こうと思います。では見せ合い画面へ。

 

・見せあいのお時間 

f:id:saibard:20161102143208g:plainf:id:saibard:20161022085804g:plainf:id:saibard:20170308184054g:plain

f:id:saibard:20170322144022g:plainf:id:saibard:20170204175826g:plainf:id:saibard:20170119022036g:plain

 

 

大体予想通り。意外だったのは自由枠を切ってミミッキュスイクンを両投入してきたこと。(あれ・・?前にもこんなことあったような・・?) 

 

 

 こちらの選出はガルガブウルガに一貫を取れてばけの皮をはがした後のミミッキュを上から吹き飛ばせるマンダは確定。リザも割と通ってはいるがガブのステロ展開がつらい、鬼羽だからスイクンに勝てない、火力がないので最悪めざ岩ウルガに打ち負けるなどの理由からマンダ軸の方が通ると思います。

マンダだとテッカグヤが重いため唯一テッカグヤにあと投げできて全体的に通りがいい

 ミトムも確定。ボルチェンでテッカグヤのやどみが展開から逃げたりミミッキュのばけの皮をはがしてマンダで処理するルートも取れるのでクッションにも役に立ちそう。

ラス1は正直リザ以外誰でも出せそうでしたが、テッカグヤは耐久に回してないのでガルガブに負けそう、テテフはミミッキュとの対面を作った時裏への負担がつらいなどの理由からウルガの文字を1回耐えられてガブの処理を早められるマンムーを選出。前述のとおりガルーラ対面でも球ばかりきでつっぱれてスイクンテッカグヤにもいい打点が見込めるので早めのサイクル崩壊を狙っていきます。

 

 

 

 

1ターン目:こっちの初手はマンムー、相手の初手はガルーラ。予定通りここは馬鹿力から。猫だましから入ってきたら礫できってマンダで処理するルートを取りに行く。

ガルーラはグロウパンチ、半分弱のダメージが入り返しの馬鹿力でガルーラが吹っ飛ぶ。

2ターン目:死にだしから出てきたのはテッカグヤマンムーは裏のガブへの処理に必要だったのでロトムにバック。テッカグヤは身代わり、残飯の回復もありやどみがテッカグヤと判明。

3ターン目:ボルチェンを押すと宿り木を裏で受けることになるので対面10万から入ってある程度HPを削ってから裏のマンダで処理できるようにしたい。ということで10万選択。テッカグヤは守る。あとは宿り木とヘビボンor火炎放射かな?

4ターン目:10万連打。テッカグヤは宿り木から。10万で身代わりが割れる。

5ターン目:ここも10万連打。宿り木と残飯の回復でのHPは少ししか減っていないので余り10万でつっぱる意味はないのだがマンダを投げて炎牙を打った時にスイクンに受けられて瞑想で詰められる展開になった時のためにボルチェンは隠しておいた方がいいと思い居座りを選択。相手としては守ることもできるがこちらもそれを読めるタイミングなので身代わり意識の10万。

相手は身代わり、こっちの10万で身代わりが割れる。

6ターン目:まだ10万連打。相手には余裕があるのでまだ身がわり連打してきそう。テッカグヤは身代わり。10万で身代わりが割れる。

7ターン目:ここでマンダにバック。ここまでの流れでテッカグヤは2割ほど削れていて裏のテテフやマンダマンムーを意識するとHP管理のためここで1守りたいと思うはずなので引くならここら辺かなと。最悪宿り木打たれてもマンダには羽があるしロトムに戻してボルチェンしなおしてもおk。今思うと身代わりにボルチェン合わせてもよかったかなと思う。スイクンロトム対面で素眠りにまで追い込んでからボルチェンしてからマンダで処理ってルートでよかった気がする。テッカグヤは守るでマンダ無償降臨成功。

8ターン目:炎の牙で打点とりに行く。宿り木から入ってきたら守るに合わせてロトムバックしてボルチェンでマンダを再展開する。炎牙でテッカグヤに5割ほどのダメージが入る。テッカグヤはヘビボン。威嚇もあって3割程度に抑えられる。

9ターン目:炎牙で無事テッカグヤを処理。

10ターン目:相手のラス1はミミッキュミミッキュを上から処理できるのはマンダだけなので裏でばけの皮をはがしてマンダで処理するためロトムにバック。じゃれつくはオボンもあるので多分2回耐える。このミミッキュが襷だったら厳しいが襷はウルガかガブに回っていると思うので多分この子はZだと思う。マンムーに引かなかったのは最悪ミミッキュが襷だった時の保険。ミミッキュはじゃれつく。オボンが発動して2耐えしそう。

11ターン目:欲張らずに素直に殴る。10万打っちゃったけどロトムは無ふりなのでミミッキュが下降補正でもない限り後攻ボルチェンができるので剣舞も考えてボルチェンでよかった。完全にプレミ。10万で化けの皮が剥がれる。ミミッキュは剣舞。

12ターン目:ようやく剣舞ガン積みの負け筋に気付きボルチェンを選択。ミミッキュはじゃれつくを打ってきてロトムはダウン。

13ターン目:マンダを死にだし。恩返しを選択してミミッキュはダウン。仮に襷でもマンムーが剣舞影うちを耐えるHPを残しているので急所以外は大丈夫だったと思う。

 

 

 

 

勝ったよお ワーイ<<(´ω` )/>><<(  ´)/>><<( ´ω`)/>>‹(´ω` )/››‹‹(  ´)/››‹‹( ´ω`)/››

 

無事初戦とれましたね。事前考察のおかげですね。自由枠やPTの構成がうまくはまってくれました。ただ試合での立ち回りは怪しいものが多くもっとうまく立ち回れたかなと思います。試合後に山口さんと感想戦をさせてもらったのですがガルーラはABベースの遅いガルーラでガブは襷剣舞だったそうです。で、やっぱりウルガはめざ岩だったそうです。余計な事言うもんじゃないなあε-(;-ω-`A)  見知った方だったというのもあり感想戦も非常に楽しかったです。(まあこの大会知り合いばっかですけど(´-∀-`;)

 

次回の相手は二コショポケさん。普段から仲良くさせてもらっていてorasでは2100も達成している強者です。実は過去に10パートナーズ大会で2回ほど二コショポケさんとは試合をしたのですがその時は2回とも負けています。1戦目はこちらのプレミ。2戦目は自由枠でどや顔でメガハガネール連れて行ったら自由枠バレルで返されて半泣きにさせられました。最遅ネール粘ったのに許さねえ・・・(°言°怒)

とまあそんな感じで因縁のある相手が相手ですが次回もしっかり考察していきたいと思います。

 

あと前回の記事から間が空いてしまいすみませんでした。(´・ω・`) 主な理由としては今シーズンは諸事情でレートに集中しなければいけなかったのでレートに潜っていたというのと、タツベイの国際孵化をしていたからです。タツベイの理想個体が4ボックスを超えましたがいまだに色タツベイは出ません、どういうこっちゃ(´・ω・`)

 

さらには新学期の幕開けという絶望により更新ペースが遅くなるかもしれませんし、理由は言えませんがめっちゃ早くなるかもしれません(お察し)

新しい生活の幕開けを楽しみにしている人もげんなりしている人もいるかもしれませんがお互い頑張りましょうね(´・ω・`)

 

ということで今回はここらへんで終わりたいと思います。では失礼します(∩´∀`∩)バィバィ

 

 

 

 

 

メガハガネール君大爆死までのお話

 

•その時のニコショポケさんのパートナーズ      

ガブリアス

ガルーラ

クレセリア

ゲッコウガ

ゲンガー

サザンドラ

バシャーモ

霊獣ボルトロス

マンムー

マリルリ

•僕のパートナーズ

ボーマンダ

マンムー

ローブシン

ゲンガー

リザードン

化身ボルトロス

ロトム

ヤドラン

ニンフィア

ギルガルド

 

  

軸はガブガルクレセで来そうだな・・・霊獣ボルトも刺さってるしここらへんは来るかな・・・→バシャはヤドランマンダのメガに弱いしほかのポケモンにもタイマンで弱いポケモンが多いから来なさそうだな・・・後マリルリもあんまり刺さってないな・・・

→ガルクレセボルトの並びに通せるポケモンいないかな・・・?→あれ?メガハガネールとかよくない?トリル貼れば大体の相手の上とって飛ばせるしガルーラは鈍いからのジャイロで飛ぶしクレセも打点ないから起点。ガブもトリル下なら鈍いジャイロで勝てるしレボルトからは基本打点がない。ゲッコにはメガしないで頑丈で2回殴れば勝てるし・・・あれ?メガハガネールブッ刺さってないか?トリル要員とバシャストッパーにヤドラン連れて行って襷ゲンガーにもトリル仕込んで裏選出にマンダマンムーニンフ並べておけばいいやゲンガーヤドランハガネールの並びで相手大体見れてるしこれはもう勝ちもらったなガハハ。

 

見せ合い画面

f:id:saibard:20170403142729j:image

 

 

 

 

マンダマンムーニンフで普通に負けた

 

 

 

 

【All Generation’s Party】 10パートナーズルール使用PTとかなんやかんや 

注意! 

 

大会の記事だよ。

 

 

 

皆さんお久しぶりです。サイバードです。

 

前回の記事の告知通りAll Generation’s Partyという大会をgaspardさんと僕で主催したので今回からそれについての記事を書いていきたいと思います。

 

今回は主にパートナーズの選定理由についてお話していきたいと思います。

今回の大会の特殊ルールは

1-6世代初出のポケモンを各世代最低1体、計7体採用する
7世代初出のポケモン(リージョンフォームを含む)を3体採用する

 

つまりは各世代からそれぞれポケモン選んでPT作れってことですな。

そんな中僕が使ったPTはこちら

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161231171139g:plain  f:id:saibard:20161231171205g:plain

   f:id:saibard:20161029103757g:plain      f:id:saibard:20170308184250g:plain     f:id:saibard:20170308184134g:plain      f:id:saibard:20170308184054g:plain  f:id:saibard:20161029104053g:plain

 

7世代ポケモンのgif画像にちょっと感動( ;∀;)

 

基本はマンダマンムーバンドリをベースに個人的に信用できるポケモンを軸に組んだPT。

使い慣れているマンダマンムーはほぼ確定として残り8体。

まず、今回の10パートナーズルールにおいて7世代からほぼ選定されるであろうカプ系統の対策から考え始めました。

カプは共通でカプZという崩し性能がかなり高い技と、幅広い技範囲や型、準伝による単体性能の高さによる腐りにくさから7世代枠で採用する人はかなり多いと思ったためそこをメタるためのバンドリ採用。ドリュウズはあまり信用しているポケモンではないので立ち回りに不安がありましたがカプ系統に見せ合いからの選出圧をかけられないと裏のマンダやヤドランを通すのが困難だと判断したため泣く泣くガモスを切っての採用となりました(´;ω;`)

 

バンドリマンダマンムーの並びまで確定させたときに強烈に重いのがウルトラビースト通称UBのテッカグヤ。UBは7世代の準伝説ポジでありその中でもテッカグヤは技範囲耐性ともに優秀で採用率が高そうだったのでカグヤ意識で炎枠としてリザードンを採用

リザードンはマンダの裏メガとしても優秀でXとYの2つのメガを使うことができるので選出の幅が広がりPTを組む上でも楽になると思ったので採用してました。

 

ここまで並べた時に耐久水がかなり重そうに見えたので7世代の枠からコケコとテテフを採用しました。コケコはゲッコウガや耐久水に対して上から高打点をとれる、テテフは対面性能が高く瞑想サイコショックで相手の受けを崩壊させられることを期待して採用に至りました。この2体は前述のとおりカプZの崩し性能と型の豊富さで相手の並びを崩しやすい点でもかなり期待が持てます。

 

後はこの大会で数が多いと予想していたバシャーモのストッパーにもなり、型が多く器用なヤドラン、同じくそこそこ数がいると予想していたバンドリマンダのストッパーとなり対面性能が高いテッカグヤ、対面性能が高く相手の選出を縛ることができるギルガルド

 

こんな感じでパートナーズを選定しました。基本的に対面性能が高く、自分の信用度が高いポケモンで固めたつもりです。前回大会でもちょこっと話しましたが大会の場においては自分が使い慣れているポケモンの方がダメ感や立ち回りやすいと思ったため、使い慣れないポケモンはできるだけ採用しないよう意識しました。バンドリはあまり使ったことがないのですが見せ合いの圧力から相手の選出抑制に期待します

 

まあパートナーズの選定理由はこんな感じで軽く今回のルールの感想でも。
正直僕にとってはかなりつらいルールでした。さんざん言ったかもしれませんが僕は基本的に使い慣れたポケモンしか採用しないようにしているので各世代に使えるポケモンがいないとあへー(^q^)ってなるのでかなりつらかったです。一番悩んだのは2世代と6世代。2世代は使えるポケモンがポリ2スイクンマリルリくらいしかいなかったのですがヤドランを採用する関係でマリスイクンを採用しにくく、ポリ2はパートナーズルールにおいては割とメタりやすいポケモンに見えたので採用しにくくPT単位でカプが重いのもあったので泣く泣くバンドリを採用した形になりました。
7世代に至っては3体採用しろって言われてるのに使えるポケモンが1体もいなくて「やべえよやべえよ・・・」ってなってました。一応程度に使ったことのあるコケコとPT単位で重いマンダ意識でテッカグヤまではとりあえず採用したのですがラス1枠でもう悩みまくりましたよええそれはもう。パートナーズルールにおいてはミミッキュがかなり強そうだったのですが残念ながら僕はミミッキュというポケモンを一切合切信用していなかったので採用できず、7世代唯一気に入ってるマッシブーンは採用率が伸びそうなテッカグヤテテフミミッキュあたりにぼっこぼこにされそうだったので半べそになりながら対面性能が高いテテフを採用しました。実は僕はこの大会に参加する前はテテフというポケモンを使ったことがなく個体すら持っていなかったのですがマンダと相性が良く汎用性が高いのでまあ・・・よかったのかなあ・・・?


とまあこんな感じで僕にとってはかなりきついルールでパートナーズ的にかなり窮屈になってしまったわけですが僕は割と与えられた手札で何とかするのが得意なタイプではあるのでだましだましやっていこうと思います(^▽^;)

  

ということでこのパートナーズで今回の大会に挑みたいと思います。今回は優勝できたらいいなあ(´・ω・`)

 

では今回はここらへんで失礼させていただきます、次回はできるだけ早く上げたいと思います。

 

 

 

 

 

驚くほど雑なパートナーズ選定理由のコーナー

 

マンダ・・・相棒

マンムー・・・マンダの恋人

バンギ・・・砂

ドリ・・・天候ソイヤ!

リザードン・・・メガ2個つおい

ヤドラン・・・硬い

コケコ・・・電気

テッカグヤ・・・可愛い

ギルガルド・・・強い

カプテテフ・・・ドーン(^q^)

 f:id:saibard:20170311083522p:plain

 

 

 

 

 

 

なんか ごめんなさい(´・ω・`)

 

 

 

【Le Dernier Festival】  10パートナーズルール 6戦目

 

注意! この記事はgaspardさん主催の Le Dernier Festival についての記事です、この記事は前回の記事の続きになりますのであらかじめ前回の記事を読んでいただきやっと終わるよ〜長いよ〜(´;ω;`)となっていただいてからこの記事を読む事をお勧めします。

 

 

 

 

マジでやっとですよ、どうもサイバードです。

大会が始まってからはや5ヶ月、ようやく最終戦です。長かった( ;∀;)ほんとはこんな長い記事にするつもりはなかったんですけどね、なんか書きたいこと全部書いたらこうなっちゃいました。多分反省しません。

 

 

 

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20161022090114g:plainf:id:saibard:20161029103321g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plain

f:id:saibard:20161029103606g:plain f:id:saibard:20161029103702g:plain f:id:saibard:20161029103757g:plain  f:id:saibard:20161029104026g:plain  f:id:saibard:20161029104053g:plain

 

 

 

 

ということで考察いくアルヨ(`ハ´ )

 

 

 

 

 

 

 

6戦目 vsシオンさん

 

 

※考察に入る前に言わなければいけないことと言いたいこと全部言います。ここからネタバレが発生しますのでまだ前の試合を見ていないという方はここで一度お戻りいただくことをお勧めします。また、後半はほとんど愚痴なので興味のない方は★印まで飛ばしてください)

 

 

 

 

 

 

ネタバレするよ〜?行くよ〜?

 

 

 

 

 

はいネタバレ開始

 

今の僕の戦績は3勝1敗

現在トップのみずこさんの成績は3勝1敗

ただ僕はみずこさんとの直接対決に負けているため今の僕の順位は2位です。

ここからの僕の優勝の条件は

僕がこの試合に勝利してみずこさんが次の試合に負けることです。

つまりまぁ僕がこの試合に負けるとその時点で優勝が決まると.........

マジヤッベェっすわどうすっぺかなぁ....

とりあえず僕はこの試合負けられない訳ですよしかも相手は前にレートで当たってフルボッコにされたシオンさんな訳ですよ、しかも後の考察で詳しくお話しますがシオンさんのPTまじ超絶激おこレベルでつらいわけですわ、こんなんもう1D100で永続的発狂ですわ。家に帰って考察して学校行って考察して寝る前も考察してお風呂の中でも考察してそれでもPTがまとまらなかったから知り合いの方に相談してもらったりでもうげっそりですわ(ヽ''ω`) おかげで試合前後の授業は1ミリも聞いてませんヾ(@⌒ー⌒@)ノ 当時は日々異常なまでのストレスと緊張感で割と精神がまずいことになっててツイッターでも荒れまくってフォロワーさんや皆さんに多大なる迷惑をおかけしました。ここでお詫び申し上げます

 とまあそんな感じで命削りながらした考察です。これで勝ったら普通にうれしいですし負けたら負けたでネタになるんでメリットしかないですね(白目) というわけでお待たせしました考察を始めます。(まじシオンさん許さん)

 f:id:saibard:20170204191144j:plain

 f:id:saibard:20170204191153j:plain

f:id:saibard:20170204191203j:plain

f:id:saibard:20170204191212j:plain

▲ 当時の僕(俗称ヘルバード)の時のツイッターによる犯行の一部始終。反省の意味も込めて掲載。皆様本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

 

 

 

 ★飛ばした方はこちらから

ここまで飛んできた方は正解です、内容もないただの恨み節なんで。

 

さて、まずシオンさんのPtはこちら

f:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20161117054348g:plainf:id:saibard:20161231171139g:plainf:id:saibard:20161022090136g:plainf:id:saibard:20161029104053g:plain

 

f:id:saibard:20161231171205g:plain f:id:saibard:20170204175826g:plain  f:id:saibard:20161103131212g:plain f:id:saibard:20161029104026g:plain f:id:saibard:20170204180054g:plain

 

 

 まずこのPTを見て一言

 

 

 

無理 です 

 

マジで勝てる気がしません。これに勝てたら奇跡というレベルで無理です。僕が死にそうになりながら日々考察していたのはこのPTがマジで無理だったからです。

 

具体的にどこら辺が無理なのか説明していきます。

 

まず10パートナーズ内で見える並びからお話しします。

 

シオンさんのPTはざっくりふたつに分類できます。

バンドリマンダ軸とバシャバトン軸です。

バンドリマンダは言わずもがなな砂の優秀な並びですね、バンドリで無理な格闘をマンダで処理します。僕のPTで言うとローブシンがバンドリに強いためそれをケアできるマンダはかなり優秀に見えます。ほかのパートナーズもバンドリと相性のいいポケモンが多く、普通にバンドリ軸で来た場合でもかなりきついです。バンドリマンダガッサスイクン+自由枠でバナとか来たらマジでどうするんだってレベルできついです。

ただ砂軸だけなら何とかなります。こちらのヤドランはバンドリマンダに強いためトリルヤドランからの武神を通していけばまあ何とかならなくもないです。

問題はこっち、バシャバトンの方です。

こちらにはヤドランマンダアローとバシャーモに強い所がそろっていてほかの僕のパートナーズもバシャに弱くないため、普通のアタッカーバシャーモはほぼ来ないと思います。ただバトンバシャは別です。バトンバシャの場合相手のバシャーモに対してこちらがローブシンやヤドランを投げた場合バシャーモはバトンタッチで逃げて裏のガッサやニンフガルドあたりに交代することができます。いずれも詰め性能の高いポケモンで一度展開を許すとそのまま抜き切られます。さらにはシオンさんのパートナーズは全員にバトン展開をすることが可能でそのいずれもがこちらのPTを壊滅させるほどの制圧力があります。つまりはこちらは実質バシャーモを止めることができないということです。

さらにさらに問題なのは相手のパートナーズのエーフィです。エーフィはアシストパワーを覚えるのでバトンエースとして優秀なポケモンですがこのポケモンは壁貼りとしても優秀です。挑発アンコや吠えるが効かないので先発で壁を貼ってバシャーモのバトン展開を強力にサポートすることができます。問題なのは見せ合いでバシャーモと並んだ時このエーフィが壁貼りなのかバトンエースなのかわからないことです。

選出時に先発エーフィを読むか先発バシャーモを読むかでは選出や立ち回りが大きく変わります。ただこちらからはエーフィがどちらの型なのか判断できないため見せ合いにいるだけですでに択になります。見せ合いで択とはこれいかに。

 

僕はこの無理だらけの砂パとバトンパをどちらも対策するかどちらかを切るかという鬼のような2択を迫られるわけです。死ぬわ

 

さらにさらにさらに問題なのは2択では済まないということです。

ここまで砂パとバトンパの脅威についてお話ししましたが今までの話には自由枠が考慮されていません。僕がバンドリを対策しようとバトンパを対策しようとこちらを封殺してくる鬼のような自由枠がいます。それがこいつ

f:id:saibard:20161102143511g:plain

 

あ^~レパガッサ無理なんじゃ^~

 

バンドリを対策した場合でもバトンを対策した場合でもニンフィアは基本的に連れていけないのでレパガッサゲンガーで詰みます。死にます。爆ぜます。

 

とまあ僕はこの地獄の3つのパーティを対策しないというわけです。

 

結論から言います

 

 

ねえこれどうやって勝つの???

 

どの並びもこちらのPTを壊滅させてくる上にバトンパではすべてのポケモンから滅ぼされる可能性があるわけです。つまり相手のパートナーズの全ポケモンに選出の可能性があります。選出が絞れませんどれが来てもおかしくないです。さらには砂パとバトンパには別の自由枠を採用することができます。このポケモンに滅ぼされる可能性もあるわけです。控えめに言って死ねます。マジ死ねます。

 

 

ただまあさんざん無理無理言ってきましたが負け確とは思っていません。たとえどんなに厳しい状況でも自分のできる最大限のことをするのがトレーナーとしての使命ですから( ー`дー´)キリッ  

 

 

さて、このパートナーズにぶつける僕のPTを考えていくわけですがまず大前提として上記3つのパーティすべてを対策するのは不可能です。一回真面目に3つすべてを対策することを考えたんですがそれをする場合自由枠が3つ必要であるという結論に至りました(どういうこっちゃ)

というわけで勝つためにどれかを切ります。

まずバトンパは絶対に切れません

。バトンパといってもパーティにバトンバシャーモを入れるだけで他のポケモンに特別な調整をしなくても雑にバトンするだけでこっちは死にます。つまりはスタンパにバシャ突っ込んでもバトンパになるよねってことなのでバトンパは切れません。

 

レパガッサはも切れません。

ニンフィアがいるだけでレパガッサ出せないからレパガッサ来ないだろーっ」て考え方をしてしまった場合相手が「バンドリ軸にニンフィアは腐るから出てこない」って考えた場合自由枠レパルダスが来た場合詰みます。実際僕は今回ニンフィアを出すつもりはないので対策しないと詰みます。

 

ということでバンドリを切ります。

バンドリはエースであるドリュウズがローブミトムヤドランにストップされ、マンダリザに先に展開され切った場合そのまま負けまで直行するという危険性があります。バンドリがつらいポケモンは裏でケアできるのですがドリュウズの通り自体が微妙な以上わざわざバンドリにしなくても別の選出の方がこっちに通ってると考えたのでバンドリ選出は切ります。ただシオンさんは砂パの使い手なので「最終戦だからバンドリ出したいな:って考えた場合は詰みます泣きます爆発します。

 

とまあそこまで割り切ったうえで僕が試合開始5分前まで考えて決めたPTはこちら

f:id:saibard:20170204191654p:plain

 

 

ボーマンダ@ラム 意地ASベース ドラゴンクロー 瓦割り 吠える 龍の舞

壁エーフィとバトンパをガッチガチにメタったボーマンダ

初手エーフィ対面は龍舞から入り、壁から入った場合は瓦割りドラクロで処理、あくびから入ってきた場合はラムを盾にドラクロで処理する。初手バシャ対面でもビルドに対して吠えるを合わせればバトン展開を阻止できる。ラムはガッサや氷技を持ってないスイクンやボルトと打ちあう場合にも重宝するので腐りにくいと思う。

 

 

マンムー@球 ADベース つらら針 氷の礫 吠える 地震

ABにするかでさんざん悩んだADマンムー

重めのマンダボルトに礫が打てること、球地震でガルドとBにそこまで厚くないバンギを飛ばせること、ニンフスイクンと打ちあえることなどを意識してAD球を採用。吠えるはバシャーモ対面ビルドor守る読みやバトン先に対して刺す。ニンフスイクンなら一発耐えて吠えられるということを見越してのADでもある。また、こちらには格闘技よりも炎技がの方が刺さりがよさそうに見えるのでバシャーモ対面は強気に吠えるよう立ち回る。

 

リザードン@石  HDベース ドラゴンクロ― フレアドライブ 龍の舞 羽休め

マンダでバトン展開を阻止して裏から通すメガ枠。バンドリを切った場合リザXはかなり通りがいいので採用。スイクンボルトガルドと打ちあうことを意識して羽休め餅のHDベースに。眼鏡ニンフィアハイパーボイスも耐える。バンドリが来たら逃げろ

 

ローブシン@チョッキ HAベース ドレインパンチ マッパパンチ はたき落とす 冷凍パンチ 

普通のチョッキローブシン。この子に関しては持ち物や技など滅茶苦茶悩んだがマンダの起点にならない冷凍パンチもガルドへの打点であるはたきも切れなかった。持ち物に関してもマッパでドリュを縛れる球にしようかとも考えたがバンドリを完全に切ったのでボルトスイクンにあと投げができるチョッキにした。特性に関してもかなり悩んだが鉄の拳のメリットである耐久薄めのメガバシャに勝てるという点がバトンバシャにより耐久厚めのバシャであると予想できるためスイクンと打ちあえる根性で採用。

 

ギルがルド@ゴーグル HAベースアイアインヘッド シャドーボール 影うち 目覚めるパワー氷 

バトン先のガッサやレパガッサに弱くないゴーグルガルド。(まあレパガッサは微妙だけど)バンドリ以外の相手のPTにまんべんなく通っており唯一のガッサへの引き先。ニンフィア意識でラスカではなくアイアンヘッドを採用してビルドポイヒガッサはシャドボ+影うちで落ちるところまで火力を確保した。めざ氷の枠は試合10分前まで過労死になることを見越してキングシールドを採用していたがボーマンダ意識でめざ氷を採用した。Cにあまり回していないがめざ氷+影うちで処理できるところまでは確保してある。

 

ボルトロス@オボン HBベース 10万 電磁波 挑発 ✞充電✞

自由枠。バトンパ兼ボーマンダ兼レパガッサ兼対策。間違いなく過労死する。

 PT単位で重いボーマンダに投げれて挑発でバトンをストップできてエースを麻痺で足止めできてレパガッサに弱くない自由枠として採用。ここにバンドリに強いまでつけるとアルセウスくらいしかいなかったのでバンドリをあきらめた。ボルトロス自体腐りにくいポケモンなので割と雑に出しても活躍してくれると思う。充電は万が一バトンに成功されて悪巧みボルト瞑想ニンフスイクンあたりにバトンされた場合上から充電を積んで打ちあうことを見越して採用。割と勝てるかどうかはこいつにかかってる気がする。

 

とまあこんな感じで苦渋の選択を繰り返し完全にバンドリを切ったパーティになりましたが試合前はこれでいいのか…とずっと悩み続けて今でもこのPTでよかったのかはわかりません。ただまあできることは全部やったつもりなのであとはポケモン達に任せるだけですね。ということで当日、シオンさんのPTはこちら

f:id:saibard:20170204202900p:plain

 

まあ何が来ても驚きませんよ。だって全員来るって言ってるんだから(白目)しいて言うならバンギラスが予想外。バシャーモのバトン先としては微妙かなーと思っていたのでやや薄めに見ていたつもりなんですが。もっと意外なのは自由枠ラティオス、確かにPT単位でロトムリザードンが重めに見えますがニンフィアやガルドでほぼストップしてしまうから結構予想外かも。

さてこっちの選出ですがまずバトンが死ぬほど怖いので先発ボルトロスは確定。ガルドがいないとラティガッサが止まらないのでガルドも確定。あと1枠。ここはマンダ以外の全員出せるのでギリギリまで悩んだがボルトガルドではバンギの突破が困難なのでチョッキでラティスイクンとも打ちあえてバシャーモにも弱くないローブシンを選択

 

 

1ターン目:こっちの初手はボルトロス、相手の初手はバンギラス。ボルトを削られるとスイクンマンダがつらいのでローブシン引き。

2ターン目:相手はバンギ引きのラティバック。つられクマー バンギのために武神は絶対いるのでガルドにバック。

3ターン目ラティオスサイコショック。球ダメが入って持ち物が球と分かる。裏のバンギ意識でアイアンヘッドを選択。仮にシャドボか何かでつっぱられても影うちで処理できるので割と安定行動。

4ターン目:相手はラティオス交代のバンギラスアイアンヘッドが8割くらい入る。流石冷静HAとか言う謎振り(ガッサマンダへの打点とHBニンフを飛ばすため)武神に交代したいけどここで再びラティにつられるとガルド交代時にシャドボ2回で落ちてしまうため悩む。ただバンギはボルトでも処理できるところまで削れて、持ち物はチョッキなのでラティ対面になったら強気に突っ張ろうと決めてガルドバック。

5ターン目バンギラスの追い打ち!!ファーwwwwwwwwwww ガルドが落ちる。ラティどうやって処理しよう・・・ ローブシンから投げるとバンギ切りラティ死にだしで一貫を作られて死ぬのでボルトから入る。

6ターン目:バンギは切ってくると思うので10万ボルト選択。バンギは居座り。ボルトの10万でバンギが落ちる。ついでに砂も切れる

7ターン目:死にだしから出てきたのはラティオス。武神は投げられないので仕方なく電磁波を選択。ラティに電磁波が入りラティオスは流星群。ボルトは落ちる。武神を投げる。

8ターン目:はたき落とすでラティオスを処理する。裏はスイクンと予想しているがガッサだったら負け。

9ターン目:出てきたのはバシャーモ・・・・・

バシャーモ!?!?!? 

 

え、お前バトンじゃないの??ボルトガッサスイクンで詰めに来るPTじゃないの??いや確かにラティはバトンっぽくはないなって思ったけどヤドアローマンダに一方的に負けるよ!?もしかしてメガでめざ氷個体だったりする!?いやでもそれマンダ落ちないよ!?あれあれあばばばばばば。゚ヽ( ゚`Д´゚)ノ。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚ )ノ゚。

とりあえずドレインパンチしか打てないのでドレインパンチを選択。バシャーモはメガ進化。まあそうですよね~ バシャーモの飛び膝蹴りは75%くらい。ドレインパンチでマッパ圏内まで行け!!!!

ダメージが

HP■■■■■■■■■■  この辺から

HP■■■■□□□□□□  この辺まで

 

鉄の拳やったあああああああああああああああ▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂うわあああああああああああああああああああ

 

鉄の拳なら落ちてたあ・・・・・ マジかあ・・・そっかあ・・・・そうかあ・・・・(ここら辺からマジ泣きし始める) 

膝のダメージ的にも完全にAブッパのバシャーモなのでマンダ意識のめざ氷でもなさそうですね。これはアタッカ―バシャを切った僕の構築負けですね。バンギの追い打ちと言い完全に構築段階で負けてましたね。立ち回りに関しても完全に負けてましたし単純に僕の実力不足ですね・・・ポケモンを始めてからポケモンのことばかり考えてポケモンに費やしてきてポケモンにかけてきたつもりだったんですが足りなかったか・・・

・・・・でも自分にできることは全部やったつもりなので後悔はないです。またこういう大会があったら次こそは優勝したいですね。それまでにもっと経験を重ねて反省のないような、自分が満足のいく試合ができるようになりたいと思います。

 

10ターン目:敗戦処理マッハパンチを選択。

ローブシンマッハパンチ!!

 急所に当たった!!

 バシャーモは倒れた。

 

 ・・・・・・・・・・・。

 ∑(゚Д゚)え?

 

か・・・勝った?

 

や・・・

 

 やったああああああああああああ勝ったあああああああああああああああああ-=三ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(*T□T)ツ 

 

親に怒られました。

 

 

 

 

 

反省会のコーーーーナ――――ドンドンパフパフ!!!

 

まず試合の結果から

運勝ちです

 

つまりシオンさんには僕の家を燃やす権利があります。放火の際はぜひご一報ください。

 

まあそんな冗談は置いておいて今回はほんとに運がちだと思います。バシャーモをバトンだと決めつけてしまったこと。割とこれに尽きると思います。バンギの追い打ちもそうですが全体的に構築負けしていました。立ち回りに関しても完敗で本当に運勝ちというしかありません。砂パを切ったところまではよかったんですがねえ・・・

立ち回りに関しては割と結果論な部分が多く反省の仕様がないといえばないのかなあ・・・読み負けについては反省するしかありませんが。

構築は結局あれでよかったのかなあ・・・・試合後もしばらく考察していましたが結局結論は出ませんでした。まあ実質負けだったんでどこかは間違ってたんでしょう。ただ今の僕にはどこが間違ってるのかわかりません。そこも含めても今後に生かしていきたいと思います。

 

 

 

さて、気になっている人がいるかいないかわかりませんが僕の最終成績を発表したいと思います。僕の最終結果は5勝1敗。僕の優勝は直接対決で勝利しているみずこさんにかかっているわけですが・・・・

 

結果は・・・・

 

 

みずこさんは最終戦を勝利し5勝1敗で僕との直接対決を制しているみずこさんの勝利です!おめでとうございます!(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ. ☆(・ω・ノノ゙☆(・ω・ノノ゙☆パチパチ; (*´∀`p〃qパチパチパチ; ( ゚ロ゚ノノ゙☆ハイハイハイ; (゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ ...

 

 

 

 

とまあ僕のLe Dernier Festivalは2位に終わりました。優勝はできませんでしたが自分の全力を出した結果なので悔いはありません・・・・

 

 

 

 

ってそんなわけねーだろ!!!

 

 

 

 

 

優勝したかったにきまってるでしょ!あの試合を後悔しないわけないでしょ!!あれで満足するわけないでしょ!

 

 

 

 

次の機会には絶対優勝するからな!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

gaspardutd.seesaa.net

 

 

次の機会あったわ。

 

 

ということで!新世代による新たなる10パートナーズ大会 All Generation’s Party!!

今回の特殊ルールは各世代からそれぞれのポケモンでパートナーズを組むこと。詳しくはリンクのブロマガからどうぞ!

さらに!!今回は僕は共同主催という形で運営に参加!初めての主催で至らない点も多いと思いますが最後まで楽しい大会にできるよう尽力していきたいので応援のほどよろしくお願いします。m(__)m

 

以上を持ちまして僕のLe Dernier Festivalについての記事を終わりとさせていただきます。上であんなこと言ってますがあの試合も含めて僕の全力を出し切れた大会だったと思いますし考察や試合も最高に楽しかったです。

 

このような楽しい大会にしてくださった主催のgaspardさん、シオンさん、アカのんさん、僕と試合をしてくださった山口さん、むらさきいもさん、みずこさん、そしてここまでお付き合いいただいた読者の皆さんに最大限の感謝を。

 

次回のAll Generation’s Party の大会記事でお会いしましょう。

では失礼します。ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

嫌だ・・・・・

 

 

僕は・・・・

 

 

負けたくないッッッッ!!!

 

 

どんな形でもいい・・・・

 

 

僕は・・・・

 

 

優勝したいッッ!!!!

 

 

次回 ボーマンダ厨、狂人化 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パロディのパクりって最低だよね。

 

 

 

 

  

【Le Dernier Festival】10パートナーズルール 5戦目

注意! この記事はgaspardさん主催の Le Dernier Festival についての記事です、この記事は前回の記事の続きになりますのであらかじめ前回の記事を読んでいただき一度幻滅していただいてからこの記事を読む事をお勧めします。

 

 

みなさんあけましておめでとうございます、サイバードです(遅い)

長々と続いて来た大会シリーズも残すところあと2戦です。サンムーンのシーズン1もそろそろ終わりそうですが今回も呑気にやって行きたいと思います。

 

 

f:id:saibard:20161029103152g:plain  f:id:saibard:20161029103229g:plain  f:id:saibard:20161022090114g:plain f:id:saibard:20161029103321g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plain

f:id:saibard:20161029103606g:plain     f:id:saibard:20161029103702g:plain     f:id:saibard:20161029103757g:plain      f:id:saibard:20161029104026g:plain     f:id:saibard:20161029104053g:plain

          

 

ということで考察へミ( ノ_ _)ノ=3 ズコ!

 

 

 

5戦目 vs山口さん

 

f:id:saibard:20161102143208g:plainf:id:saibard:20170119021520g:plainf:id:saibard:20161029103321g:plainf:id:saibard:20161103143647g:plainf:id:saibard:20161022090136g:plain

 

f:id:saibard:20161029104026g:plain  f:id:saibard:20170119022036g:plain  f:id:saibard:20161029103229g:plain      f:id:saibard:20161103131212g:plain     f:id:saibard:20170119022223g:plain

 

 

ガルガブベースのスタンパ寄りの考察に見えるガルガブクレセの並びを見せながらガッサニンフガモス辺りで無双にも見えるので広く対策をとって行きたい。

ただガルガブ自体はすでに2回戦っているので対策の仕方はなんとなくわかっているのでそこは有利と言えるかもしれない(というかこの大会マンダ軸かガブガルしかいないんだが!?ラグラージは見えません)

ただ問題が一つ

基本ガブガル軸にはメガ枠のマンダかヤドランを通す立ち回りで処理してきたが今回はあのアイスラッガーおじさんが非常に邪魔(キリキザンの事)

こちらのガルドニンフゲンガーに基本対面有利でヤドランにも焼かなければ有利(ロトム意識でS降ったラムとかだったらなおのこと辛い)そして特性負けん気によりマンダの威嚇で逆に起点にされる。更にはこの子襷メタバとかで積みアタッカーのストッパーにもなれる。すんごい厄介。かといってキザンに強いリザードンを軸でパーティを組むとブッ刺さっている襷めざ岩ガモスをガブマンムーのステロ展開から通されてそっとDSを閉じるハメになる。

ということで自由枠には抜き性能が高く相手に強い勝ち筋を押し付けられるメガ枠を採用したい。ただメガ進化ポケモン一覧を見ても都合よく相手に一貫を取れそうなポケモンがいなかったため今回は刺さっているマンムーをメガ枠から展開できるようPTを組んできた。そして表選出が通らなかった時のために裏選出も組んだ。

ということで今回使用するパーティはこちら

 

f:id:saibard:20170119022813p:plain

 

 

バシャーモ@石 HBブッパ 飛び膝蹴り ビルドアップ バトンタッチ 守る

 

今回の自由枠。PTの軸の1匹。バシャーモ自体が相手のパーティに通っているがこちらのパーティはクレセリアを呼びやすいのでバトンバシャを採用。バシャーモ受けで出てきたクレセリア起点に裏を通す。HBブッパにすることでガブガルの地震を耐えるためガルーラ対面では基本ビルドアップ以外選択しない。

 

マンムー@チョッキ ADベース つららばり はたき落とす 馬鹿力 地震

 

バトン先その1、単純に相手のパーティに通っておりバトンとも相性がいい。チョッキを持たせる事でウルガモスの大文字を2耐えするため襷ガモスでストップしない。A+1馬鹿力で大体のABガルーラが吹っ飛ぶ。はたきは一応クレセへの遂行技。礫がないがバトン前提の構成であることとそもそも打ちたい相手がガブくらいしかいないため切っている。

チョッキバトンマンムー自体は前々から気になっていた並びでバシャが呼ぶボルトスイクンクレセから強引にバトンを通すことができ、バトン後はビルドとチョッキで両受けができ先生技や襷で止まりにくくなかなか面白いんじゃないかと思っている。

まあつまり何が言いたいかというと

火力も素早さもあってBもDも高いマンムーって最強じゃね!?

という頭の悪い構築、通称小学生マンムー

 

ギルガルド@ラム HAベース シャドウクロー かげうち 聖なる剣 剣の舞

 

バトン先その2、マンムーでは突破が困難な相手が来た場合はこちらにバトンを繋ぐ。(主にクレセリア) 火力と耐久と素早さがあるガルドってさいきょry 

 影うちは最悪裏選出に絡めて出す時にないと困るため。

ボーマンダ@石 HAベース 恩返し 身代わり 龍の舞 羽休め

 

裏選出のエース。バトンパがどうしても無理な相手が来た時にロトムニンフと合わせて壁ボーマンダを通すために採用(カバルドンとかエルフーンとか)身代わりはカバルドンのあくびをスカすため採用。

 

ロトム@粘土 HBブッパ ボルトチェンジ ハイドロポンプ リフレクター 光の壁

 

壁貼り要因。マンダ軸の場合はこの子を先発に両壁からボルチェンでマンダにつなぎゴリ押す

HP1でも壁が貼れる可能性があったりクッションにできたりするので大切にしたい。

 

ニンフィア@残飯 HDブッパ ハイパーボイス あくび 願い事 守る

 

みずこさん戦で使ったのと同じ個体。マンダで辛いボルトに投げる枠。ボルトに投げて裏にあくびを入れてマンダで再展開したり願い事でマンダのHPを管理したりする。残飯はジャポしにすれば良かったと後で後悔した(遅い)

 

基本選出は

バシャマンムーガルド

ロトムマンダニンフ

この2通りのみ。基本的にこの選出以外はしない。見せ合いでもバトンが通るか通らないかだけで選出を決めるのが楽。10パーナーズルールで一番難しいのは見せ合いからの選出だと思う。事前にある程度想定しているとはいえ自由枠という不確定要素があるためそれを考慮した上で1分40秒で正しい選出をするのはかなり厳しいと思う。その点このパーティは楽でいいや(

 

 

ということで見せ合い画面

 

f:id:saibard:20170119023351p:plain

 

 

バシャマンムーガルドで決定(この間2秒)

自由枠いませんでしたね、結構意外かも 

スイクンバナあたりを警戒してたんですが...

ぱっと見バトンマンムーがかなり通っているんでバトン軸で行けそう。ボルトが毒身がでもつららで貫通できる、唯一辛いのはクレセだけどクレセが来たらガルドにバトンできるので問題なし。ということでバトン軸で行きます。

まぁ実際の選出画面では「自由枠いない!?ならバトンパ倒せるやろはい決定ポチー」くらいの気持ちでした( ̄▽ ̄;)(ちょっと盛ったかも)

 

1ターン目:ニンフィアバシャーモ対面。何をされてもいいので初手は守る。ニンフィアハイパーボイス

2ターン目:ガルドにバトンタッチ。ニンフィアはハイボ連打

3ターン目:悩んだが剣の舞。裏からガブガルが来た場合はバシャで起点にしなおすつもりで動く。ニンフィアはハイボ連打。

4ターン目:シャドクロでニンフィアを落としに行ったけど耐えられたよ、返しのハイボでガルドが飛んだよ、悲しいよ。

 5ターン目:バシャーモを投げて膝で処理しに行く。ゲンガー投げられた場合はマンムーにつないでマンムーを通しに行く。無事ニンフィアに命中してニンフィア処理

7ターン目:死にだしからボルトロス、裏のマンムーを通すためにビルドアップから入る。ボルトロスは毒から、毒身がボルトかな?

8ターン目:裏のH振りゲンガーをケアしてビルド連打。相手はボルトロスバックガルーラ投げ。

9ターン目:猫だましうちに来たかなーと思いつつガルーラを処理すれば勝ちなので膝選択守るは負け筋になると思ったので。ガルーラは猫だまし、バシャーモは怯む。

10ターン目:バトン打つか膝打つかで悩んだがボルト投げを見てからでもバトンは間に合うと思い膝選択。相手はボルトロスにバック。膝が7割入る(つんよい)

11ターン目:即決でバトン。ボルトロスは身代わり

12ターン目:バトンしたマンムーと身代わり貼ったボルト対面。つらら針で身代わりを貫通してボルトロスを処理。

13ターン目:馬鹿力を選択。猫だましでマンムーが怯む

14ターン目:馬鹿力でガルーラが飛んで勝ち。

バトンマンムーがきれいに通って勝てました。

 

 

 

ということで無事5戦目も勝つことができましたワーイ‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

うまくこっちのやりたいことがかみ合いましたね。割ときれいに通すことができて満足です(●´ω`●)

さて、この大会も残り1試合になりました。ここからは今までの僕の勝ち数と優勝の可能性があるかという話をさせていただくのでまだ前の試合の結果を知らないという人はここで一度戻ることをお勧めします。(まあここまで付き合ってくれてる人はきっと全部読んでる・・・・よね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあネタバレ開始しまーす

 

今回の勝利により僕のここまでの戦績は4勝1敗。

現在のトップはみずこさんと僕の4勝1敗。ただ、僕は直接対決でみずこさんに負けているため、現在の1位はみずこさんです。

つまり僕が優勝するための条件は

僕が次の試合に勝利してみずこさんが次の試合負ける。です。

 

ッべえよ…次の試合負けられねえよ…マジっべー…プレッシャーやばすぎわろりーぬ、しかも対戦相手あの人だよ・・・・マジッべ―よー・・・・

 

というわけでやたら長く続いた大会編も次回が最後の試合です。果たして僕は優勝できるんですかねえ・・・

 

まあそんなこんなで今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。次回もまたよろしくお願いします。では失礼します。バイバ~~~~~~~イヾ(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 次回予告!

やめて!ボルトロスの特殊能力で、メガボーマンダを焼き払われたら、闇のゲームでポケモンと繋がってるサイバードの精神まで燃え尽きちゃう!

お願い、死なないでサイバード!あんたが今ここで倒れたら、あいつとかそいつとの約束はどうなっちゃうの? ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、シオンさんに勝てるんだから!

次回「サイバード死す」!デュエルスタンバイ

 

 

 

 

いやまだ負けたかどうかはわかんないよ!?!?

 

 

【ポケモンSM】 シーズン1まとめ マンダマンムー軸

 

ドーモ。ミナ=サン。サイバードです シーズン1お疲れ様でした。

 

今回はシーズン1で使用した構築などについて書いていきたいと思います。別に結果を残したわけではありませんがせっかくのバンク解禁前最初で最後の環境なので書きたかったのと最近異様に構築記事モチベが高いからです。つまり書きかっただけです。それ以上でもそれ以下でもないです、はい。

割と自己満足なので興味のある方はお付き合いいただけると嬉しいです。

 

ということで僕がシーズン1使用していたPTはこちら 

 

f:id:saibard:20170117214639g:plainf:id:saibard:20161029103229g:plain  f:id:saibard:20170117213704g:plain

  

   f:id:saibard:20170117215916g:plain    f:id:saibard:20161022085919g:plain    f:id:saibard:20170117213850g:plain

 

ボーマンダ君横幅とりすぎやねん

 

 

 

 

 

ボーマンダ@石 性格:意地っ張り

実数値(努力値)171(4)-216(252)-150-×-100-170(252)    

技構成 捨て身タックル 地震 龍の舞 羽休め

相棒枠。この子がいないとパーティ組める気がしない、SM環境にいてくれてありがとう( ;∀;)

ボーマンダは7世代でスキン補正が下がり弱体化されたように思われますがメガ進化ターンの素早さ反対の仕様によりそれ以上の強化を受けました。初速でガブが抜けるのが強すぎる。今作ではフェアリーが増えて動きにくいかなーとか思っていました正直oras環境より使いやすかったと思います。今の環境は速いマンダが環境に刺さってると思います。捨て身タックルのモーションは前作の方が好き(´・ω・`)

 

マンムー@球  性格:意地っ張り

実数値(努力値)  189(28)-191(188)-101(4)-×-102(172)-115(116)

技構成  つららばり 氷の礫 毒毒 地震

 

象です。(マンモスです)

いわずとしれたボーマンダの相方。環境初期に多かったガブポリ2ガルドの並びを崩すためにoras環境からずっと使い続けてお気に入りの毒持ちのADマンムーを採用しました。火力は礫で4振りガブが確定、地震でH振りガルドが87.5%の高乱数、Sラインは準速ガルドを抜いてくるバルジーナ抜き抜きまで伸ばしました。この辺りのSラインはいろんなポケモンがいてぐっちゃぐちゃなのでここら辺の素早さは最低欲しいかなと思います。Sをここまで伸ばすとバンク解禁後のこごかぜスイクンも抜けるので削ったスイクンを1回熱湯を耐えて上から地震2回で処理するルートもとれます。テッカグヤの放射やヘビボンは1回耐えるのでコケコ対面はつららから入って裏から出てきたテッカグヤに無理やりつららで突っ張るみたいな立ち回りとかもしてました。毒はポリゴンに刺して裏のジバコイルで粘って処理するとかもできてかなり良かったと思います。つらら2回しか当てないから原人たちに骨つき肉にされた🍖      って書こう思ったけど

いっぱい当ててくれた、嬉しいけどボケ潰し。厚い脂肪はよ

 

シレーヌ@オボン  性格: 控えめ

実数値(努力値)  175(156)-×-112(140)-179(132)-137(4)-90(76) 

技構成 熱湯 ムーンフォース 滅びの歌 アンコール

 

アシカです。(アシカです)

このパーティ唯一の7世代新ポケモン、マンダ軸で必須だと思っている水枠として採用しました。単純にマンダマンムーとの相性が良くこのパーティで重めのギャラも処理できます。スイクンやヤドランと違ってかなりの火力があり後投げジバコイルに熱湯でゴリ押し出来るとかいう事案も発生した。この子はアンコールが滅茶苦茶強かったです、Sを伸ばしているので剣舞ガルドの上からアンコールを打ったりギャラハッサム対面で下からアンコール打って技を縛って裏で受けたりとかしてました。ポリ2やハピに半減読みで投げてアンコールで縛って裏に打点を通したり毒や再生を縛ったりと本当に強い技だと思います。滅びの歌はみがわりを貼ったオニゴーリやテッカグヤを流したりイーブイバトンを詰めたりアンコールと合わせて受けルを処理したりできるのであるとかなり便利な技だと思います。アクアジェットが欲しい場面もあまりなかったのでこの構成で良かったと思います。

ただこの子はここまで耐久に回しても物理方面はかーなーりペラペラです。どれくらいペラペラかというと今の調整でもマンダの捨て身乱数です、H不利だけだとメガバシャの飛び膝高乱2なのでオボンないとメガバシャ受かりません、無振りだとピチューボルテッカーで死にます。具体的な物理耐久はゴウカザル<アシレーヌ<ルチャブル      なんやこれ( ̄▽ ̄;)

まぁそれでも他の耐久水にはない火力と器用さを見せてくれたので採用して良かったと思います。

調整はガブの地震をオボン込みで2耐え、ムーンフォースで無振りガブ確定、Sは速い剣舞ガルド意識で伸ばしました。

 

ポリゴンZ@Z石  性格:臆病

実数値(努力値) 175(116)-×-94(28)-169(108)-96-(4)-156(252)

技構成 10万ボルト 悪の波動 冷凍ビーム テクスチャー

 

割とテンプレな電気になるZテクスチャーポリゴンZ(Zが2つで最強に見える)  電気タイプになるポリゴンZはスカガブに縛られてしまう印象だったのでSを準速スカガブ抜き抜きまで伸ばしました(ただの最速やんとか言わないで)。耐久は素で意地ガブの逆鱗耐え、Zテクスチャー後陽気ガブの地震耐えまで伸ばしてガブに縛られないように意識しました。このパーティはテッカグヤが重いので裏から出てきたテッカグヤを死に出しから起点にして全抜きしたりかなり使い心地が良かったです。Cをブッパにすると10万でテテフが高乱数になるんですがそもそもテテフとS種族値が同じなこととテテフは裏のジバコに任せていることからこのラインで留めています。選出機会は少なかったですが出した試合は活躍してくれたいい子。

 

ハッサム@石  性格:腕白

実数値(努力値)  

メガ前. 175(236)-150-167(252)-×-103(20)-85

メガ後  175(236)-170-211(252)-×-123(20)-95

技構成 バレットパンチ とんぼ返り 剣の舞 羽休め

 

この子だけメガのgif画像ないんだけどなんで?(´・ω・`)

余りにマンムーとグロスが重かったので裏のメガ枠として採用。orasの時にも使っていたHBブッパのメガハッサム。HBに特化することにより陽気ガブの地震を3耐えすることができます、最初は泥棒を採用していたんですが使いにくさを感じたのでとんぼ返りを採用しました。これにより裏のジバコイルと合わせてトンボルができてサイクル有利に回すことができました。僕の思考の基本である削って一貫を取るという立ち回りにあっているいいポケモンだと思います。ハッサムはテッカグヤを呼ぶので交代読みとんぼ返りからテッカグヤを起点にポリZを通したりとかもしてました。ガルーラ入りには基本的に出していた。ブレイククローガルは祈れ。

 

 

ジバコイル@チョッキ 性格:控えめ

実数値(努力値)  175(236)-×-138(20)-187(156)-122(92)-80 

技構成 10万ボルト ラスターカノン ボルトチェンジ 目覚めるパワー地面

 

割と信頼してる電気枠。このパーティにおける

過労死枠。テテフがいるパーティにはほぼ選出しました。この子は現環境かなり刺さっていると思います。多分選出率1位。ハッサムとあわせてトンボルがしたり毒いれたポリゴンに投げたりガラガラ読みでめざ地打ったりとにかくいろんなことしてました。ただこのポケモンは事故死が多くテテフに魔神拳されたり速いテッカグヤに地面揺らされたりパルに印見せつけられたりデンジュモクに( ˘ω˘ ) スヤァ…されたりでかなり不憫な子でした( ;∀;)

 

・基本選出

•マンダマンムージバコ

多分一番多かった選出。この3体はorasでも愛用していたので信用していたというのもあります。

ガブギャラテテフコケコ系の並びには基本これ

 

•マンダアシレジバコ

2番目に多かった選出。上記の選出にテッカグヤが絡んだ場合の選出。アシレーヌでテッカグヤを流してジバコで回しながらマンダで一貫をとります

 

ハッサムポリZジバコ

テッカグヤ入りでポリZが通る場合の選出、テッカグヤ読みでとんぼでポリZにつなぎ全抜きを狙います

ハッサムマンムージバコ

ガブガルコケコテッカグヤテテフパルみたいな感じのガルスタンに投げます。この選出だとテッカグヤが辛いんですがアシレもポリZも確実に足を引っ張るので出せません。

 

•アシレマンムージバコ

これやるときは負けるとき

 

 

 辛いポケモン

 

•テッカグヤ 

基本何されても辛い、速い地震持ちは対あり、放射しかないやどみがはマンダで処理する(え?)

 

マンムー

ハッサムが出せない場合アシレーヌ以外全員不利(そのアシレーヌ地震がクソ痛いんですがあのその)うまく有利対面作り続けてサイクル勝ちするしかなくてつらたん。最悪マンダで処理する(は?)

 

ボーマンダ

飛行+地面の範囲が滅茶苦茶辛いHPフルのアシレーヌを対面させるか削ってマンムーで処理するしかない。場合によってはマンダで処理する(はあ)

 

 •ゲンガー

鬼火打たれながらマンムーで処理するかポリZでゴリ押す。一応ジバコのボルチェン+マンムーの礫でという処理ルートがあるんですが裏にガブがいることが多いのでボルチェンが打ちにくい。ラスカ打ってゲンガーが引かなかったら道連れで1:1取られて裏のテテフとかがむに。しゃーないからマンダで処理する(なんだこいつ)

 

ルカリオ

特殊は死ぬ

 

•ギャラハッサム

マンダでry

 

•カミツルギ

無理

 

シビルドン

1回だけ当たって見せ合い時に「あっシビルドン無理やん」って思った。マジで処理不可能

 

まぁこんな感じです。最高レートは1962となんともまぁショボい感じですが最初から最後まで楽しんでやれたので最初のシーズンとしては良かったんじゃないかなと思います。

 

いや〜今シーズンすんごい楽しかったです。やっぱりポケモンは面白いゲームなんだなって再認識しました。シーズン2はバンクが解禁されて更にカオスな環境になると思いますが新しい環境でどんな構築を使おうか今から楽しみです

゜。+゜(*′▽`*)。+゜。゜

まあそんな感じでシーズン2からもよろしくお願いします。では失礼します(o´・ω・`o)ノシ

 

 

 

 

 知り合いの方が僕のマンムーを使って2000に乗せてくれました!かなり特徴的なパーティなのでよろしければこちらもよろしくお願いします(⌒ー⌒)ノ~~~

【シーズン1使用構築】童心†特殊ギャラドス†入りやけくそパ【最高最終2013】:ちかしバーガーのブロマガ - ブロマガ