廃人がマンダで頑張るとこ

【reliable pather cup】 10パートナーズ大会  1戦目

注意!

もう注意も何もないよね。

 

 

熱くて溶けましたサイバードです。前回から間が空いてしまいすみませんでした。テストに半殺しにされてました。テストが終わり夏休みに入ったのでここから更新速度を上げていきたいなと思います。詳しくは後語りで。テストの結果?まあうんそうだね・・・・

 

f:id:saibard:20161029103152g:plain

f:id:saibard:20161029103229g:plainf:id:saibard:20161029103428g:plainf:id:saibard:20161022085804g:plainf:id:saibard:20161117054348g:plainf:id:saibard:20161022090136g:plain

f:id:saibard:20161103142926g:plainf:id:saibard:20170308184250g:plainf:id:saibard:20161029103757g:plainf:id:saibard:20170308184054g:plainf:id:saibard:20161029104053g:plain

 

 僕のパートナーズです。採用理由などはこちらの記事からどうぞ。

 

 

 

 

1回戦 vsあらいさん

 

 

ベストパートナーf:id:saibard:20161231171205g:plain

f:id:saibard:20170416122908g:plainf:id:saibard:20161231171139g:plainf:id:saibard:20161029103152g:plainf:id:saibard:20170308184134g:plainf:id:saibard:20170803151604g:plain

 

f:id:saibard:20170119022036g:plainf:id:saibard:20170204175826g:plainf:id:saibard:20170416122956g:plainf:id:saibard:20170803151843g:plainf:id:saibard:20161029104053g:plain

 

 

 

(この考察部分だけ試合前に書いているので前後の文と矛盾する点などがあるかもしれませんがご了承ください)

 

パッと見砂+テテフーディンをベースに抜き性能高めなポケモンで周りを固めてきた感じに見える。そのため砂、テテフーディンの軸に加えてカバのステロ展開からの全抜き構築も狙える。また、固定パーティに入れなければならないドリュウズもステロ展開が出来たりと構築の軸がいくつも見えて厳しいPT。

選出考察 

まず、考察を始めるにあたって一番最初に考えるべきはこちらのバシャーモがかなり通っているということ。カバスイクンは少し削れただけでメガバシャの膝2回を受けられないしそもそも球バシャだと受からない。マンダはめざ氷で吹っ飛ぶしそのほかのメンツは大体バシャーモに勝てない。砂にもかなり強いので間違いなく警戒されるでしょう。なので自由枠からはバシャーモに強いポケモンが採用されると思います。

 

その筆頭はギャラドスバシャーモに強いのはもちろん単純にこちらのパートナーズにかなりブッ刺さっています。一応電気タイプは2体いるのですがメガギャラドスはその2体の電気技を大体耐えてくる上にメガ進化すると悪⁀タイプが追加されるのでボルトロスの電磁波でストップすることもできません、かなり厳しいです。

 

相手のパーティの砂があまりこちらに刺さっていないこともあってあらいさんのPTはギャラドス+起点要因の積み構築になると思います。その上で厳しいポケモンが霊獣ボルトロス。こちらに電気の通りがかなりいいですしマンムーやガブにはめざ氷と気合い玉で打点を取ってきます。向こう視点でもボルトロスが刺さっているのはわかっているでしょうしメタられる読みで格闘Zとか仕込んでそうですね、命中安定しますし。

 

これらのこちらに刺さっている2匹を通すうえで起点作成が必要になります。ボルトロスは耐久に不安がありますし安全に積むためには欲しいはずです。

なのでおそらくカバルドンも来ると思います。パッと見こちらのパートナーズから一撃で吹き飛ばされることはなさそうですしベストパートナーズのドリュウズと組み合わせれば砂orカバボルトギャラといった強烈な勝ち筋を作れる並びが2つできます。同じく砂とステロを撒けるバンギラスはこちらのバシャーモに一撃で吹っ飛ばされることを考えると出てこないと思います。こっち地面2体にゲッコウガのけたぐりとかもありますしあくび吠えるで起点を作らせないカバの方が優先されると思います。

 

ここまででカバドリュボルトギャラ(もしくはスイクン)まで考えましてあと2枠。この2枠についてはかなり微妙なところなのですが比較的優先度が高そうなポケモンをピックアップしていきます。

 

まずはウルガモス。弊害にになりそうなマンダリザバシャあたりは飛行Zで吹き飛ばせるので舞えればブッ刺さっています。カバルドンの起点構築を警戒するのであれば切れないでしょう。

 

次にフーディン、こちらのマンダの上からめざ氷を打ててバシャーモも対面加速をトレースすれば勝てます。ガルドカグヤ以外に大体打点が取れて結構通っているように見えます。

 

それとボーマンダ、タイマンで見るとあんまり刺さってないんですが重そうなマンダに耐性があることとこちらも実は刺さっているリザードンに強いこともありワンチャン採用してくるんじゃないかなって思います。どっちかというとフーディン優先な気もしますがカバルドンの起点から通してくる可能性もなくはないと思います。

 

最後にスイクン、自由枠がギャラドスじゃない場合に出てくると思います。ここまでの話で自由枠をギャラドスであること前提みたいに話してますがギャラドスが来るというのはあくまで僕の予想出会って実際には誰が来るかわからないわけです。ギャラドスじゃない場合はマンダバシャにまあまあ強く瞑想を積めれば電気タイプもそこそこ相手できるスイクンはまあなくはないんじゃないかなって思います。ただコケコの電気フィールドで眠ることが出来なくなるので瞑想後にコケコを飛ばせる水Zとかもあり得ると思います。

 

ここまで触れていないテテフガルドムーランドについてですがまずテテフはスカーフでないとこちらのマンダリザに上を取れない、でもスカーフの場合こちらの鋼枠に止められる、スカーフでもバシャーモの上が取れないなどの理由から出しにくいんじゃないかなって思います。ただ襷だったら上記の条件を満たせるので可能性は切れないです。

ガルドはこちらに炎地面がそれぞれ2体いて刺さっているバシャーモにワンパンされる、カグヤに身代わりで不利な択を迫られる、僕が身代わりマンダ信者である事から腐りそうなので出せないと思います。

ムーランドなんですけどこの子いろいろ調べてみたんですけどアタッカーとしてはドリュウズの方が優秀ですし(そもそもこの子鋼に打点ほぼない)威嚇とあくびバクアとかで起点作成もできるんですけどそれでもカバの方が起点作成としては優秀なので切りました。

相手のパートナーズの考察としてはこんな感じになります。

 

さてそれを踏まえたうえでこちらのパーティなのですがまず刺さっているバシャーモなのですが突然の身がわりや自由枠のギャラドスフーディンに加速をトレースされるなどを考えるとあまり出したくありません。最初はフーディンのトレース意識で猛火メガバシャーモ通そうかなとか考えたのですがマンダギャラって並べられると結局出せないので今回は採用を見送ります。また、こちらのパートナーズには相手の基本選出であるカバボルトギャラ(スイクン)を止める手段が限られています。ボルトを止めにマンムーガブリザあたりをぶつけると死にだしからギャラに起点にされますしギャラを止めにコケコボルトをぶつけると今度はボルトに積まれます。なので自由枠はこの並びに一貫するポケモンを採用したいです。

 

具体的にはボルト+水枠に有利な草タイプ、ナットレイは気合い玉が怖いのでフシギバナモロバレルジャローダ、カプブルル。この辺を採用したいです。

ただ、そこで弊害になってくるのが裏のポケモン達。事前考察で優先度が高いと考えているのはフーディンウルガモスボーマンダ

自由枠で採用しようと思っている草タイプは大体こいつらに壊滅させられます。バナバレルはサイキネで吹っ飛びますしジャロブルルは燃やされます。そしてボーマンダはそれらの草タイプを全員上から吹き飛ばせます。最初はチョッキブルルでガモス返り討ちにしようかなとか思ってたんですがそれすると裏のギャラに勝てなくなりますしそもそもマンダに勝てないんで根本的な解決になっていません。

つまり僕は自由枠にカバボルトギャラに一貫を取れてガモスの起点にならなくてフーディンにも弱くなくてマンダを上から吹き飛ばせるポケモンを採用しないといけないわけです。

 

ほんとにそんなポケモンいるのかよって感じですが見つけました。

 

f:id:saibard:20170618160037g:plain

 

こいつです。

 

 

パーティ紹介

 

ボーマンダ@龍Z ADベース 逆鱗 地震 岩石封じ 龍の舞

 

ベストパートナーズのボーマンダ。今回は自由枠にメガポケモンを採用することもあってメガ枠ではなく龍舞Z型。ADベースにすることで補正なし霊獣ボルトロスのめざ氷を確定で耐えて返しの龍Zで確定で吹き飛ばせます。スイクンに対しても冷凍ビームを1発耐えるのでドラゴンZ逆鱗+逆鱗で乱数勝負に持って行けます。C補正だけのメガフーディンのめざ氷や無ふりマンダの流星群も乱数で耐えるのでワンチャン勝てる可能性があります。また、HブッパでBを補正だけにしているHDカバルドンは龍舞ドラゴンZ逆鱗で確定です。

 

テッカグヤ@ラム DSベース ヘビーボンバー ストーンエッジ 草結び ボディパージ

 

いつかの試合で使った寂しがりやDSテッカグヤ。自由枠がギャラドじゃなかった場合メガ枠はボーマンダフーディンなのでそこに強いテッカグヤを採用。ついでに砂も牽制する。ラムを盾にカバの前でボディパージを積めればビーストブーストでAが上がってエッジでボルトを高乱数、スイクンとは草結びで一応打ちあえる、マンダフーディンには耐性上強いので自由枠次第だが全抜きまで狙える。

 

ゲッコウガ@草Z CSベース 岩石封じ 草結び 冷凍ビーム 水手裏剣

 

初手のカバルドンを草Zで吹っ飛ばすための枠、草ZでH振りカバルドンが高乱数なので

初手で吹っ飛ばせれば裏のボルトギャラにも仕事ができる。水手裏剣で倒し損ねたウルガモスや砂へのごまかしにもなる。

 

カプコケコ@スカーフ CSベース 10万ボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ 草結び

 

主に舞ったマンダやギャラのストッパーになるスカーフカプコケコ。フーディンにも上から打点が取れてボルトともある程度打ちあえる。本来カプコケコはメガギャラドスを10万ボルトで落とすことはできないのだがこの個体は控えめなので無ふりメガギャラドスを高乱数で落とすことが出来る。

 

ギルガルド@襷 csベースシャドーボール 影うち 聖なる剣 目覚めるパワー氷

 

マンダのストッパーやドリュウズの展開を止め裸られる襷めざ氷ギルガルド。主に積み展開のストッパーとしての採用。最初はこの枠は襷ガブだったのだが基本ガモスには積まれなさそうな面子だということとガブを採用するとテテフーディンを呼びやすくなってしまうので見せ合いの圧力として試合開始5分前にガルドに変更した。この判断が吉と出るか凶と出るか・・・・

 

メガジュカイン@石 CSベース リーフストーム 龍の波動 岩石封じ 地震 

 

自由枠。マンダに上から打点を取れてカバボルトスイクンに強くてガモスの起点にならなくてメガフーディンにも弱くないポケモンとして採用。←つよそう

マンダには上から龍の波動で高乱数で落とせてカバスイクンには草技が通っててボルトにも打点がある。岩石封じでガモスの起点にもならなくて(そもそも襷じゃなかったら高乱数で落ちる)フーディンに関しては種族値上は負けているがこちらのパートナーズを見る限りあらいさんのメガフーディンはこちらのカプコケコ抜き(130族抜き)以上に素早さを伸ばす必要がない。Sを130族抜きまで抑えればCに補正をかけることできるのでおそらくSにブッパということはないはず。こちらのジュカインはそれを見越して130族抜きメガフーディン抜き抜き(準速メガフーディン抜き)までSを伸ばしている。これによりメガフーディンの上から打点を取って後続の圏内に押し込むことが出来る。←とてもつよそう

ちなみにリフストでも無ふりメガフーディンは低乱1だしボルトには攻撃耐えられてめざ氷で死ぬしギャラもリフストで落ちないしなんかの間違いでマンダに舞われて捨身を打たれたら3.8体~4.5体のメガジュカインがお亡くなりになる←よわそう

 大体の相手に高打点をとれるくらいの考え方がいいと思います。

 

という感じで割と変なポケモンがいっぱいいて変なPTですが(育成大変だった)今回はこのPTであらいさんと戦いたいと思います。ではここから先は試合後の世界でお会いしましょう。

 

1ヶ月半ぶりですね、未来から来たサイバードです。勉強机から出てきたりはしません。

 

当日のあらいさんのパーティはこちら

f:id:saibard:20170803153053p:plain

 

 

予想外な点がいくつかあります。

 

まずステロ要因がカバルドンじゃなくてバンギラスなこと。

バシャーモ耐性を意識するとカバルドン優先だと思ってたのでこれは予想外。ゲッコウガの草結びZで飛ばせない可能性がある。

 

次にボーマンダがいること。

事前予想でワンチャン来なくはないとは言ったのですがカバルドンのステロあくびから展開してくると思ったのでバンギラスと組んでるのは予想してませんでした。

 

何より自由枠を採用してこなかったこと。カバルドンじゃなくてバンギラスを採用してきたのでめざ氷バシャーモに全滅させられそうなのでスイクンの枠がギャラドスでも全然おかしくないと思っていたので驚きです。

相手としてはマンダ意識でめざ氷を採用した場合CSベースになりその分膝の火力が下がるのでスイクンでも受けられる、めざ氷なかったらマンダで受けられると考えてスイクンマンダの並びでバシャーモは十分ケアできるとも考えてきたのかもしれません。

 

ただ警戒していたステロ要因+レボルト+水ポケモンは来ているのでこれはジュカイン刺さりそうですね。マンダバンギとも分は悪くないです。

それに加えて草Zゲッコウガがブッ刺さっています。草結び冷ビがんぷうでマンダスイクンガモスボルトの起点にならず手裏剣で砂下のドリュウズに打点を取れます。

バンギラスに対してはそこまで有利ではないのですがこのバンギがステロ撒きと考えるとゲッコウガに対して打点がないまであるので不利対面ではないと思います。

なので先発はゲッコウガ裏にジュカインまでは確定させます。

 

ラスト1体なのですがここまでで砂下のドリュウズに薄いのでドリュに強いテッカグヤボーマンダでギリギリまで悩んでいたのですがボルトロスと対面したときめざ氷を耐えて龍舞できる点とウルガモス耐性を考慮してラストはボーマンダにします。ワンチャンスイクンにも勝てます。

 

 

1ターン目:こちらの初手はゲッコウガ。あらいさんの初手はバンギラスです。

こちらには一応草結びzがあるので打点はあるのですがステロを撒かれて裏のドリュウズを展開されると厳しいです。ダメージ計算したところ草結びZはH振りバンギラス確定耐え、無ふりでようやく低乱数なのでステロを撒くタイプのバンギラスは大体落とせません。

ただこちらとしては引く選択肢はないので草結びを打つしかありません。問題はZにするかどうかなのですがバンギラス以外で草結びZを打ちたい相手はスイクンくらいでそのスイクンに対しては草結びを連打していれば瞑想の起点にはならないのでここは草結びZ+草結びでバンギラスを落としに行くルートを取ります。

 

草結びZが通ってバンギラスが吹っ飛ぶ。あれ❓耐久振ってたら確定で落ちないはずなんだけど・・・もしかしてステロ要因じゃなくて龍舞バンギ?バンドリ偽装だったのか?だとするとここで低乱数を引いて飛ばせたのはラッキーですね。龍舞だったら手裏剣で処理できますが(まあそもそも最速龍舞でもゲッコウガ抜いてないんですが)殴ってきてゲッコウガが落ちた場合裏のレボルトがかなり厳しくなっていたのでかなり運がいいです。

 

2ターン目:死にだしから出てきたのはウルガモス。こちらには岩石封じがあるので耐久が薄いウルガモスは飛ばせるのですが問題は襷orスカーフの場合。襷の場合砂が舞っているので蝶舞はありえないのでほぼ殴ってきます。(打点がないと踏んだら舞ってくるかも)殴ってきてゲッコウガが落ちた場合裏が耐久厚い龍舞ボーマンダとかだったら負けまであります。

スカーフの場合は上から炎技or虫技でゲッコウガが死んでマンダで龍舞を積みに行くのですがそのタイミングで裏に引かれて2舞できなかった場合そのまま死にだしスカーフガモスにめざ氷2連打されて負けます。一応裏のマンダボルトはADベースなので1発耐えて無理やり舞うことはできなくもないのですがこご風スイクンかがんぷうドリュの場合2段階Sをあげることが出来なくてめざ氷で負けます。

 

ただそれを警戒したところでこちらとしても突っ張る以外の選択肢がないのです。下手マンダに引いて舞ってきた場合めざ氷orZでマンダが吹っ飛んだ場合負けます。

なのでここは襷でもスカーフでもないと信じて岩石封じを打ちます。

 

岩石封じで無事ウルガモスを突破。襷でもスカーフでもなくて一安心。

 

3ターン目:あらいさんのラストはボーマンダ。HDボーマンダでもC振りゲッコウガの冷ビは耐えませんし襷でも砂と手裏剣で舞えないので裏のジュカインで上から殴って処理できます。スカーフ流星はやめろ。

 

冷凍ビームが通って無事ボーマンダ突破。何とか勝てました(^O^)

 

 

 

 

ということで後語りのコーナー(○´∀`)人(´∀`○)ノイェーイ♪

 

まず試合について触れていきたいと思います。

結果だけ見るとゲッコウガの3たてですが実際は見た目より内容は濃いと思います。

まず事前考察の点。選出考察の時点で通っているバシャーモを選出しなかったことは正解だったと思います。感想会の時に聞いたのですがマンダは耐久に振った身代わり龍舞でドリュは襷だったそうなので下手したらバシャーモ腐らせられてた可能性があったと思います。あらいさんも自由枠にギャラアシレの選定は考えていたそうなのでやっぱり意識はされていたんだなと思いました。選出こそしませんでしたが自由枠ジュカインも結構刺さりが良かったのでまあ悪くなかったんじゃないかなって思います。

対戦内容についても相手の型次第では負けていた可能性があったのでかなりギリギリの勝負だったんじゃないかなと思います。ウルガモスを警戒してパーティ内にがんぷういれまくったのがよかったですね。(今見たらパーティにがんぷうもち3体に岩技もちのカグヤにストッパーになるスカーフ襷ってどんだけガモス警戒してんだ・・・)

まあ今回はなんか偶然いろんな要素がかみ合っちゃいましたけど一つ間違えればこちらが負けていたと思います。

 

まあ試合内容はこんな感じにして色々話したいことがあるのでそのことについて話していきたいと思います。

 

まず冒頭でも軽く触れましたが前回の更新から間が空いてしまい申し訳ありませんでした。「今回は更新頻度早いぜ!」とかぬかしといてこのざまですよ。全部テストが悪い

一応夏休みに入ったんで僕がレート楽しいぜヒャッハー!!とかにならない限り更新早くなると思います。今レート楽しすぎるんで大ピンチです。

 

8月になって学生の皆さんももう夏休みになったと思います。皆さんは夏休み何しますかね?僕はまあポケモンでしょうねえ。なんかの企画開催したりレート潜ったりやりたいことは色々あるので楽しみたいと思います。ちなみに家から出る予定はないので引きニートコースまっしぐらです(^q^)

 

次回はgaspardさんとの試合です。色々とお世話になっている方ですがそれだけに負けられない対決なわけでありまして。個人的な因縁もあるので絶対に勝ちたい試合です。

 

まあそんな感じで今回はここらへんで終わりたいと思います。

またねーバイバイ(;д;)ノ~▽”。・゜゜・ 

 

 

 

 

 

 

前々から気になってたのもあってシーズン5になって僕も砂パに挑戦してみたんですよ。砂と相性が良くて面白そうなポケモンも考えてたのでそれを採用していざレートの海へのりこめ―してみたわけなんですよ。

 

†レート1400台突入†

 

 結構地震あった構築なのに砂パって難しいなぁ

 

ということで砂で勝てなかったんで今度はプテラに挑戦してみたわけなんですよ。コケコに上から地震で打点とれてリザランドにも強いからコケコリザランドの並びを1体で崩壊させられて強くね!?とか思ってたんですよ。

 

†レート1400台維持†

 

流石にこれはまずいと思って素直にマンダマンムー使い始めたんですよ

 

 

 †7連勝でレート1700突破†

 

やっぱマンダって最強だわ(現在は色々使って溶けたよ(^q^))

 

 

あ、なんかショウダウンで1位になったよ(その後300溶けた模様)

 

 f:id:saibard:20170803180353p:image